スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み

夏休みも半分が過ぎました。
子供達にとっては日本で過ごす初めての夏です!
(お姉ちゃんは0才~1才だけ経験有り)
私は6年ぶりの夏。「暑い!」と構えていたら、拍子抜けする位「普通」で、「日本の夏ってこんなもんだったっけ?」と不思議です
スポンサーサイト

今朝の寝相

寝相


賞状

今年のお姉ちゃんの担任の先生はお姉ちゃんに合っていて、
私もとても良い先生だと喜んでいます。我が家のお姉ちゃんは
ご存知の通り「天然」ですが、そんなお姉ちゃんに寄り添い、
温かく見守って下さる、とても優しい方です。子供一人一人の
「結果」ではなく、「過程」を重視してくれるので、先生が毎週
配って下さる学級通信には、その週に行われたことに対して、
子供達がどのような反応をし、どのように取り組んだか、が
細やかに書かれてあります。ですから子供達の成長の様子が
とてもよく分かって有難いです。

そんな先生のお人柄が窺(うかが)える賞状を先週お姉ちゃんが
もらって来たのでご紹介します。



ありゃ、賞状じゃなくて「認定証」だった。ま、いっか(笑)

2年生になり、算数の授業で九九を勉強していたお姉ちゃん。
九九を全て覚え、普通に言う、逆から言う、バラバラに言う、を
全て間違えずに言えれば九九名人に認定され、写真の
様な立派な九九認定証が渡されるのです。
クラスの中で恐らく一番覚えが悪かったお姉ちゃん。
クラスの殆どが九九名人になっている中でも

「大丈夫。遅くても必ず誰もが九九を覚えられるようになるから、
 心配要らないよ」

と、まだ暢気な事を言っていた私です


そして先週やっと手にした「九九名人」。お姉ちゃん、とっても
良い顔で写真に写っていますね!おめでとう!!

この認定証を見せてもらった時、お姉ちゃんの頑張りに感心した
のと同時に、先生の作られた認定証の文章にとても関心しました。
以下にご紹介します。


あなたは、算数の掛け算「九九チャレンジ」において、九九名人を
目指して、算数の時間だけではなく、休み時間も友達と練習して
いました。お家に帰ってからもあきらめず、毎日繰り返し九九を
頑張っていたのでしょう。その結果、見事に一の段から九の段まで
スラスラ言えるようになりました。バラバラ九九も、もうばっちりです。
自信を持って三年生になってください。



転校先でも素敵な先生に出会えますように☆
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

夜泣き

ここ1ヶ月程、ちび子とちび太が交互に、もしくは同時に夜中に
寝ぼけたような状態で、毎晩泣くようになりました。最初は風邪を
ひいて鼻詰まりで息苦しくて泣いているのだと思っていましたが、
風邪がすっかり治ってもまだどちらかが必ず一度は泣くので、
私は普段以上に寝不足が続いています。それはさておき、何故
毎晩泣くのか、しかも怖い夢を見て起きたように。

そこでふっと思ったのが、二人はもしかしたら無意識に帰国に
関して何か不安を覚えているのでは
ないか
と言うことです。何せ下二人は生まれも育ちも
タイ
ですから、私は日本に帰ると言う感覚ですが、二人に
とっては日本に行くと言う感覚なのです。つまり、二人にとって
日本は外国なのです。初めての海外暮らし
6年前の私と同じような漠然とした不安
を募らせている
のかも知れません。だから毎晩夢でうなされて
いるのだとしたら、合点がいきます

この記事を書いている間にも二人が別々に泣いたので、それぞれに
抱きしめたり身体をさすって
「大丈夫だよ。お母さんも一緒だからね。
 もう泣かなくていいよ。大丈夫、大丈夫」

そう言うと二人はすぐにまた眠りにつきました。

もっと早くにこのことに気づいてあげられたらよかったな~。
と言うのが、以前は私も疲れ&寝不足で夜泣きされるとつい叱ったり
厳しい口調で言ったりして、そうするとどんどん泣かれて、最後は
旦那の寝室へ連れて行ったり、リビングへ連れ出したりしていました。
可愛そうなことをしてしまったな~.....ごめんよ、ちびちびコンビ

ちび子4歳半、ちび太2歳5ヶ月、小さいながらも全身で人生初の
大変化
を迎えようとしているのだと思うと、私の場合、生まれ故郷に
帰れるのだから、「大変だ!」とばかり言ってはいけないな~


ちびちびコンビへの応援クリックをお願いします!!
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

神様への手紙

いつからだろう?気がつくとお姉ちゃんは、何かお願い事があると、
紙に書き、それを夜の内にベランダの窓に「外から見えるように」張り、
朝になったらその紙を外す、と言うことをしています。
例えばお気に入りのぬいぐるみがどうしても見付からない時

「白ねこちゃんが見つかりますように」

そして白ねこちゃんが見つかったら

「見つけてくれてありがとうございます」

と書いて窓に張っています。



「誰に書いているの?」

と私が聞くと

「あのね、神様にお願いしているの。だって神様は何でも出来るん
 でしょ?だからこうやって神様にお手紙を書いて、神様に見えるように
 張っておいたら、神様が読んでくれて、私のお願いを叶えてくれるの」



そうだったのかー。お姉ちゃん、天の神様に見えるように、ベランダの
窓に外から見えるように張っていたのね。

「でもね、神様が読む前に他の人に読まれたら願い事が叶わないから
 だから寝る前に誰にも見られないように張っておくんだよ」



そうなんです。もし張っているところを目撃して、

「何やってるの?」

と聞くと、慌てて

「見ないで!」

と言って隠されるのです。
お姉ちゃんにとって「神様」はとても身近な存在なのです。これはひとえに
仏教の信仰心が厚い国、タイに生まれ育ったから。
タイに来て良かったことの一つです。

続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。