スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下駄箱はまだかな??

我が家(ただいま長期滞在型ホテル住まい)の収納は台所以外はほとんど無く、今月5日に
近くの家具屋さんで衣装用の4段の引き出しタンスと下駄箱を買いました。
タンスは翌日届けられたんだけど、下駄箱は在庫がないので1週間後、と言われたのですが、
1週間後には来なくて、2週間後に来ないから電話をしたら、もう1週間待って欲しい、24日に届ける、
と言われましたがやっぱり来ず。日本なら電話してきつく言うところですが、何せタイ語がまだ
話せないし、これがタイ流なのかな?...なんて思ってのんびり待つことにしました。
で、今日は同じホテル内の知り合いのお部屋に遊びに行ってて、お昼過ぎに帰宅したら
いきなり入り口の横に下駄箱がドーンと置いてあったからびっくりしました!
もう来ないのかと思ってたよ?(おいおい)。

タイの家具は結構いい値段の物でも組み立て式です。今日届いた下駄箱だって日本円で2万円位するのに
持ってきてその場で組み立ててくれます。日本だと組み立て式の家具は安っぽいイメージでしょ?
ま、組み立ててくれるからいいけどさ?。

うちの旦那曰く、タイ人はやる気があるか無いかで納期が決まるらしい。そして納期が遅いとか
出来ないとか言われても「何で?何で?」としつこくしつこく言い続けると「OK」と言って
翌日持ってきたりするので、もし私が2週間待って電話しなかったら、きっと下駄箱は今月中には
届かなかったことでしょう(苦笑)。今月も今日で終わり、ギリギリセーフだね!




スポンサーサイト

どうにも許せなくて

タイへ来て1ヶ月が経ちました。1ヶ月なんて過ぎれば早いですね?!
タイへ来てまず思ったことは、「中国に比べるとずっと良い国」だということ。
町もわりと小綺麗だし、車も汚れたり傷まみれだったり、そういう車は見たことがありません。
どの車もきれいに大事にしているようです。日本の方が道路にゴミが捨てられていたりして
町の外観は残念ながら悪いかもしれませんね。
人も決して高い服を着ているわけではないけど、わりときちんとした格好をしているので、
逆にうちの旦那の方がだらしなくて目立っているくらい(苦笑)。

タイへ来てまず「そんなに悪くない、むしろ想像していたより良かった」という印象が
主だったのですが、日が経つにつれ、どうにも許せないことが出来てきました。
それは、日本人の単身赴任者が自分の娘より若いくらいのお姉ちゃんを連れて
堂々と町を闊歩していること!私の住んでいるホテル内でもこういう輩に遭遇することがしばしば...
言葉にならないぐらい嫌な気持ちになります!これはタイ人が悪いんじゃなくて、
こういう事を平気でする日本人が恥知らずなのです!日本は恥の文化です。
恥を知ることで己を律し、常に向上心を持って日々を過ごして来たからこそ、
世界的に高いレベルの民族性を持っているのです。
最近ではハリウッド映画の影響もあり、「武士道精神」が世界的に注目され、
日本男児の潔さ、凛とした姿はあちこちで高い評価を受けています。
日本を一歩出れば、誰もが日本の代表です。一人の行動が「日本人は??だ」と
日本人全ての行動と認識されるのです。従って日本にいる時以上に自分の振る舞いには
注意を払うべきだと私は思います。
それが何ですか!日本でしないことを外国で平然としているなんて...
情けないやらみっともないやら...
精神の腐った人達は、例えば自分の娘が自分と同じくらいの中年男性の愛人になっていても
何も感じないのでしょうか?
私は子供を授かってから、物事の捉え方が変わりました。今までは自分を中心に目の前だけを見て
いましたが、今は子供を中心に、その先にある未来を含めた今を見つめられるようになりました。
そうすると、あらゆる事が「我が事」と感じるようになり、全てがとても大切になりました。
「結婚して、子供を授かって初めて一人前になる」と言われた意味がやっと分かるようになったのです。

私は50代60代になってこんな誘惑に簡単に落ちた日本人に憤りを隠せないと同時に、
タイ人の女性を痛々しく感じています。彼女たちの親は娘を娼婦にするために
産み育てた筈がありません!自分の体を汚し、人格を貶めてまで得た物など、
本当にちっぽけなものです。失う物の方があまりにも大きすぎます!

地に堕ちた日本人に告げます。あなたがしでかしたことで、あなた自身が地獄に堕ちるだけでなく、
あなたを信じて日本で頑張っている家族、そして将来授かる孫までも地獄に突き落としたのです。
今からでもいい、自分を大事に思い、同時に周りの人も大切にする心を取り戻し、
あなたのせいで子や孫が受ける不幸を少しでも少なくする努力を始めなさい。
父親として今のあなたがなすべき事は、私がここで言わずとももう分かっているでしょう?

そう言うこともあって、かなり本気で引っ越しを検討しています。しかも今回はシーラチャーを出て
隣町のパタヤにも目を向けています。同じホテル内で仲良くなった人も増えてきて、
ここを出るのは名残惜しいのですが、やはりそれ以上に腐敗した日本人を見るに堪えないのです。
そうは言っても、引っ越すのに色々な問題があるので、スムーズに引っ越せるかどうかは
不安ですが(汗)。



恐るべし、吸血鬼!

日本と同様、タイでも雨期になると蚊が発生します。
私と子供は蚊に噛まれるとものすごく腫れて痛がゆくて本当に辛いので、
蚊には敏感です。
そんな私でさえタイの蚊には敵わないことが一つ...
それは、「音もなく現れる」と言うこと!
日本だと「ブ?ン」というあの嫌ぁな音で蚊の存在をいち早く
察知出来るんだけど、こっちの蚊は全く音を発しないので、
視界に入らない限りその存在に気付くことは不可能なのです。
しかもタイの蚊は日本の蚊より賢いらしく、昼間は下の方に隠れていて、
暗くなったらそ?っと出てきて刺すらしい。だけど幸いタイの蚊は
日本の蚊のように「これはいける!」と思ったらお腹がパンパンで
飛べなくなる程刺すのではなく、精々二度刺したら満足するのか、
もしくは敬虔な仏教の国の蚊なので謙虚なのか、
「今日はこれくらいにしといてやろう」と去ってくれるので
被害は少なくて済んでいます。

ちなみに私が薄々感じていたことは正しかったようで、
先日本で知ったのですが、タイ人はタイ料理に使われている
様々な香草を食べることで、体から蚊の嫌がる匂いを
発しているので蚊に刺されにくいのだそうです!
「じゃあタイ料理をじゃんじゃん食べれば良いんじゃない?」と
言われそうですが、私は普通の人より鼻が利くので、
蚊よりもまず自分が匂いにやられてしまいます!!!


始めました!

gooブログはいまいち使い方が分からないのでとりあえず楽天で再挑戦してみました!
こちらの方が初心者には使いやすいみたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。