スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ

3月21日の記事に写真を添付しました。


スポンサーサイト

スクンビット横断

私の住んでいるアパートは外出する時は行き先によりますが、
大体スクンヴィットを横断しないといけません。スクンヴィットの
中央にフェンスが出来るまでは、アパートから真っ直ぐ渡れて
全然問題なかったのですが、ある日突然こんなことになって以来、
ここを渡るのが困難になりましたわからん それでも渡らなければいけないので、
私は赤ちゃんには申し訳ないですが、巨大なベビーカーを押して、
「そこのけそこのけお馬が通る」というようにベビーカーを前に出して
どんどん進んでいますあっかんべー

さて、昨日は私が無性にタイ料理が食べたくなったので、シッターさんが
お休みで、私一人で子供二人を連れて、歩いてナイトマーケットに行って
きました。ここ2ヶ月程タイでは朝夕涼しい日が多く、昨日もわりと
涼しかったので、頑張って歩いてみました。帰りはさすがに汗ばんできて
暑くてフーフー言いましたが雫

行き道はスクンヴィットを渡る時、運良く上下線共に車の流れがピタッと
泊まり、長距離バストソンテウも1台ずつしか止まっていなかったので、
すんなり渡れたのですが、帰り道は交通警察が歩行者を誘導しては
くれましたが、渡った先にソンテウと長距離バスが4台止まっていて、
更に後ろから別のバスとソンテウがやってきて、危険な状態だったので、
私一人でベビーカーを押すだけでの余裕しかなくて、どうしようかと
思っていたら、渡る直前にいきなり後ろから来た男性がお姉ちゃんを
ひょいっと抱き上げて渡ってくれたのです!びっくりしましたが、彼が
アパートのドアマンだと分かったので安心してお姉ちゃんを任せました。
そして渡り終えると今度はベビーカーを押すのを変わってくれたので、
私はお姉ちゃんと手を繋ぎ、ゆっくりアパートまで帰ることが出来ました!
赤ちゃんは先にドアマンのお兄さんがアパートに連れて帰ってくれて、
私達が戻ると赤ちゃんはレセプションでスタッフのお姉さんに抱っこして
もらってご満悦でしたスマイル 何というグッドタイミング!お兄さん、
本当にありがとうございました泣き笑い 

この様に、子供を連れて町に出ると、見ず知らずの方がいつも手を貸して
くれるので、こういう点ではタイに来て良かったと思います。日本でも
こういうことがもっと当たり前に出来る(してもらえる)社会にして
いきたいですね。子供を連れて、どんどん外へ出かけたくなるような、
そんな町が一昔前は普通だったのに、今は何か特別大変になっているのが
残念ですしょんぼり 保育園や託児所、子育て支援センター等様々な支援施設が
増やされていますが、本来ならさほど必要ないものなのかも知れません。
地域で、社会で、皆が子供を温かく見守り、育てる気持ちでいれば、
どこかで赤ちゃんの泣き声がしたら「あらあら、どうしたの?どれ、
私が抱っこしてあげるわね」と言って、お母さんだけの問題にしないで
皆でそっと分け合うことで、私達子育て中の母親がどれだけ助かるでしょう!



タイ化

以前は「たいか」と入力して漢字変換すると「退化」と出ていたのに
最近はすんなり「タイ化」と出てくるようになっているからすごい!

さて、我が家の赤ちゃんは誰よりも「タイ化」しています。やはり
タイ生まれのタイ育ちだからでしょうか?日本語よりタイ語の方に
よりはっきりと反応していますし、蚊に刺されても私や子供は
ぷくっとふくれてかゆくなるのですが、赤ちゃんはタイ人同様赤い
小さな点が出来るのみ。新生児の時から水風呂や湯冷まし(常温)にも
何の反応も示さず。タイのフローリングの硬い床でも平気でごろごろ
寝返りしたり、時々途中で寝ていたり...頭をゴンとぶつけても少々なら
マイペンライだし。

離乳食を食べるのも日本式にベビーチェアーや歩行器に座って食べるより
タイ式に寝て食べる方が良いみたいです。

食事中1

シッターさんが「私が離乳食を作ってあげる」「私が食べさせてあげる」と
張り切っていて、私が食べさせようとしてもすぐに「私にやらせて」と
半ば強引に交代させられるので、ここはシッターさんに任せることに。
もうこの際たくさん食べてくれればどうだっていいやしょんぼり

食事中2


風邪ひき

先週から子供二人が風邪をひいて、お姉ちゃんは咳と鼻水、赤ちゃんは
くしゃみと鼻水で、どちらも大事には至らなかったけれど、お姉ちゃん→
赤ちゃんとそれぞれ3晩ずつぐずってくれたので、私はすっかり寝不足で
昨日からちょっと喉が痛くなってしまいましたわからん
赤ちゃんも昨夜は大体寝てくれたので、峠は越えた感じです。やれやれ...

さて、赤ちゃんも明日で生後7ヶ月を迎えます。私のおっぱいの量も
赤ちゃんの飲む量と合って、だいぶ安定してきたので、昨日から離乳食
始めました。お粥にかぼちゃを入れて炊き、それをすりつぶしてちょっと
お塩を入れて食べさせると...初めてのお粥だけど、かなり積極的に
食べてくれて、おかわりもしてくれて、とても嬉しかったです泣き笑い
お姉ちゃんの時は全然食べなくて、離乳食をあれこれ工夫して作っては
結局自分で食べていて、とても悲しかったことを思い出しました。

ところで、生後間もない頃私が搾った母乳をシッターさんが赤ちゃんに
飲ませる時にも驚いたのですが、昨日もシッターさんが赤ちゃんに離乳食を
食べさせているのを見てびっくり!何と、赤ちゃんを寝かせた状態で
食べさせていたのですびっくり しかも赤ちゃんがスプーンを掴もうと
手を伸ばしてくるので、両手を押さえて食べさせていました!いやはや、
日本では考えられない姿勢ですよね!?以前哺乳瓶でおっぱいを飲ませる時
端から見ていて心配だったので、小児科の先生に「寝たまま飲ませて本当に
大丈夫ですか?」と尋ねたら、「別に問題ありませんよ。但し、頭が
下がらないよう気をつけること」と言われたので、今回は特に心配は
しませんでしたが、それでもやっぱり端から見ていてあまり良い気分では
ありませんでしたしょんぼり 私は歩行器に座らせて食べさせるつもり
でしたから...

しかも私が作っている離乳食を見て「粒が大きい。タイ人はもっと小さい
粒のお米を使って作ります。明日私が買ってきてあげる」と言いました。
私は出来上がったお粥をすりつぶして食べさせるつもりだったので、
かぼちゃも2cmくらいに切っていたので、それを見て言ったのでしょう。
でもすりつぶさないでそのまま食べさせるのがタイ流なのかな?
明日そのお米を買ってきてくれるそうなので、どんなものか楽しみです。
でもそんな細かい粒のお米って、日本で言う屑米じゃないのかな??




イメージチェンジ

最近では「イメチェン」なんて言わないのかも?

実は私、腰くらいまであった長い髪をばっさり切り、ショートヘアーに
イメチェンしました!いや?、すっきりさっぱりしましたよ?スマイル
ずっと切りたかったけどなかなか落ち着いて美容院に行くことが
出来なくて、やっと昨日美容院に行ってきました。

私が行ったのはバンコクにある106という日本から出店している
美容院です。ここでは日本人の美容師さんに(勿論)日本語で
カットしてもらえるので安心ですウィンク

今までうちのシッターさんはアパートの仕事は毎週土曜日か日曜日が
お休みなのですが、今月は毎週水曜日だったので、「じゃあ水曜日に
一緒にバンコクまで来てもらってカットしよう!」と思ったのですが、
タイでは毎週水曜日は理髪店&美容院は「定休日」。何故なら水曜日に
髪を切るのは縁起が悪いから
だそうですショック
別に日本からのお店で、お客さんも大半が日本人なんだから、そんなの
関係ないじゃない!?と思うのですが、お店が休みなので、仕方なく
シッターさんに無理を言って、アパートのお休みを変えてもらい、
木曜日に行ってきました。そう、木曜日は万仏節でタイは祝日。勿論
Qキッズもお休みだったので、子供二人を連れて行ってきました。
丁度美容院に着く前に二人とも寝たので、お店には私一人で入り、
皆は車の中で待ってもらいました。

そして今日、お姉ちゃんも美容院に行ってきました。私の髪を見て、
「私もちょっきんしたい」と言ったので、夕方シッターさん行きつけの
美容院に連れてってもらい、「私と同じ髪型にして下さい」と
お願いしたのですが、何故かものすごく短く切られ、これじゃあ
私じゃなくて旦那と同じ髪型になってしまいましたわからん
お姉ちゃんも随分短くなり、本人も満足していたので良かったですが...
まぁタイだから、髪の毛はすぐに伸びるでしょう。お姉ちゃんは何だか
トムボーイ(ボーイッシュな女の子)みたいで、アパートのスタッフは
口々に「お父さんのコピーだ」と言っています。ホント、「何が違うの?」
って不思議なくらい全く同じで、赤ちゃんもこれまた旦那そっくりなので、
我が家には同じ顔が3つありますうっしっし

ひとまず、家族全員短い髪でさっぱりしましたウィンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。