スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常事態宣言発令

風邪&クリスマスパーティーでパソコンから遠ざかっている間に
バンコクでは大変なことになっていたようです!取り急ぎ、
日本大使館から送られてきたメールを紹介します。
いつも通り、シラチャは今日も平穏ですのでご安心ください。
一日も早い解決を望みます。



 タイ在留邦人の皆様へ

 緊急 【大使館からのお知らせ】非常事態宣言発令
              
                 緊急一斉メール

============================

スワンナプーム及びドンムアン空港周辺地域への非常事態宣言発令に伴う注意喚起


1.11月25日以降、市民民主化同盟(PAD)等が開催する大規模集会により、スワンナプーム空港等が占拠されていること等を受け、27日午後9時に、ソムチャイ首相は、スワンナプーム空港、ドンムアン空港、及び両空港周辺地域に限定して「非常事態宣言」を発令しました。
これにより、法令の規定に基づき同地域にて「外出の禁止」「集会の禁止」「報道の検閲」「交通の規制」、「指定場所への立入禁止」等が行われます。

2.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、首相府等の政府機関、スワンナプーム空港、ドンムアン空港等の集会が開催されている空港、その他の集会・デモ等には絶対に近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう引き続き十分注意してください。
 
(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8501、696-3001
(66-2)207-8502、696-3002
 FAX :(66-2)207-8511



今週末はバンコク行きを控えた方が良さそうです。日本にいたら
クーデターだとか軍とデモ隊との衝突なんて無縁ですから、
普段はシラチャでのんびりした生活を送っている私でもこういう時は
「海外に暮らしているんだ」という緊張感を覚えますね。



スポンサーサイト

風邪その後

前回のブログを更新した後、なので木曜日の深夜12時頃お姉ちゃんが
泣き出したので、鼻が詰まって息苦しくて泣いているんだろうと
思っていたら、身体が燃えるように熱いではありませんか!急いで
氷枕と薬を用意し、おでこと両脇に冷えピタを貼って、「これですぐに
良くなるよ」と頭をなでてあげると、お姉ちゃんは大人しく寝ました。

その後赤ちゃんもしんどくて夜中に何度も起きて、私はすっかり
寝不足で、その疲れからか、翌朝は私も体調が悪化してしまいました
でも朝起きて「お姉ちゃん、気分はどう?まだしんどい?」と聞くと、
「もう熱は下がったよ。もう元気になった」と言ったので、一安心です。
でも昨夜計ってはいないけど、多分39℃代の高熱を出していたと思うので、
金曜日はQキッズはお休みしました。赤ちゃんも徐々に風邪が悪化している
ようなので、今日は三人とも病院に行こうかと思いましたが、私一人で
子供二人を連れて病院に行く元気がなかったので、とりあえず子供達は
以前病院でもらっていた薬を飲ませました。

結局お姉ちゃんはこの晩で峠を越え、翌日からほぼ完治して元気に
遊んでいましたが、今度は赤ちゃんが峠を迎え、土曜日は朝からずっと
大泣きし続けて、「その内疲れて寝るかな?」と思っていましたが、
なかなか頑張っていて、結局3時間泣いて、12時頃に泣き疲れて寝ました。
私も熱こそ出ないものの、体調が更に悪化していて、赤ちゃんと一緒に
休むことにしました。お姉ちゃんはその間私達を寝かせようと、ずっと静かに
一人で遊んでくれて、本当に優しくてお利口だったので助かりました。

この日は旦那がゴルフだったので、丁度私達が寝ているところへ帰宅して、
赤ちゃんはすぐにその気配で目を覚まし、2時間程寝てすっきりしたので、
機嫌良く目覚めたので、しばらくお父さんとお姉ちゃんと3人でロビーで
遊んでもらい、その間に私は部屋を片付けて身支度をして、家族でパヤタイへ
行ってきました。パヤタイ病院は現在も改装工事中で、1階も随分変わって
いたのでびっくりいました!改装工事が終わったフロアはまるで「セレブ病院」
になっていて、何だか違う病院に来たみたいでちょっと落ち着かなない
雰囲気でしたが、その内慣れるでしょう。綺麗になって、サミティベートに
引けを取らない病院に生まれ変わっているようですウィンク

私は一番重症だったので、たっぷり薬をもらい、更にパヤタイ一押し?の
抗生物質の注射をお尻に打ってもらい、これでもう大丈夫!でも赤ちゃんは
土曜日の夜中の3時頃に起き出して、機嫌は良いものの、何だかフラフラして
様子が変だな?...と思ったら、熱が38℃代(推測)出ていたので、解熱剤を
飲ませようとお湯を沸かしてミルクを作りましたが、結局半分弱しか飲まず、
そのまま1時間程リビングで遊んでいました。

そして今日は旦那がお休みで車を手配してくれていたのですが、赤ちゃんは
今朝もグズグズで、しかも下痢もしていて、私もやっと体調が上り坂に
差し掛かった時なので、今日は旦那とお姉ちゃんだけお出かけしています。
しかも私の買い物をしっかりメモで渡したので、結局は私の買い物に
行ってもらった、と言うのが正解なのですがうっしっし

留守の間赤ちゃんは昨日よりはまだ良いけど、でもやっぱりグズグズで
泣いてばかり。私は何とか薬を飲ませようとあの手この手で悪戦苦闘するも
結局は何をやっても失敗。赤ちゃんは薬の味を覚えたらしく、ちょっと
飲んで薬の味がしたら「いらない」とつきかえしてきます。なので最後の
手段で、ストローマグの中に水で少し薄めた薬を入れ、どんなに喉が
渇いても、薬を全部飲まないと他の飲み物をあげないことにしました。
すると喉が渇いて仕方がないから一口飲むけど、それ以上を飲まないので、
結局この作戦も失敗に終わり、今度はお茶やお水を飲ませようとしても
警戒しておっぱい以外のものを嫌がるようになってしまいましたショック
このままでは良くないので、夕方再びパヤタイへ連れて行き、抗生物質の
注射を打ってもらいました。その時待合室においてあったカップの水を
見せると「飲む」と言って来たので、ストローを刺して飲ませると、
ゴクゴク、ゴクゴク、と一気に飲んでいました。やれやれですほえー
今日は昨日とは違う先生だって、今日の先生は「もっと美味しい薬を
出しておきます」と言われましたが、もっと美味しいって...これ以上甘い
薬は逆に甘すぎて不味いんじゃないのかな??薬を飲ませようか、
それともこのまま様子を見ようか迷うところです。お姉ちゃんはタイに来て
あま?い薬が大好きになり、喜んで飲んでいるというのに...う?んわからん




風邪をひきました

先週末から私が風邪をひき、ずっと喉が痛かったのですが、今週に入って
鼻水もプラスされ、常にティッシュペーパーの箱を携帯しないといけない
状態が続いていましたが、昨日から鼻水と喉の痛みは少しずつ減っています。
そして今週から子供達も風邪をひいていて、でも子供達は日中は殆ど何の
症状もなく、夜寝ると鼻が詰まって息苦しくなって何度も目が覚めたり
眠りが浅くて朝起きるのが辛そうだったりしています。でもそれ以外は
いつもと変わらず元気いっぱいで、食欲もあるので、心配はいらないかな?
でも赤ちゃんは朝夕は熱っぽい(37℃前半の微熱あり)ですが、だからと言って
特に機嫌が悪いとか、食欲が全くないとか、そういうことはないので、
こちらもとりあえず様子を見ています。

ところが、お姉ちゃんは今日の夕方から熱が出て、晩ご飯を食べ終わって
熱を計ったら38℃近くありました。食欲はいつもの半分ちょっと。
赤ちゃんも37℃ちょっとあり、今夜は赤ちゃんは不機嫌でしたしょんぼり
こんな日に限って晩ご飯をしっかり作って旦那を待っていたけど、7時を
過ぎても電話がかかってこない。おかしいな?...と思っていたら、そう言えば
昨日旦那が「明日はご飯を食べて帰るから」と言っていたことを思い出し、
がっかりわからん おまけに赤ちゃんは大泣きして、泣きながらお風呂に入れました。
晩ご飯を作っている間に赤ちゃんがリビングのあちこちを物色していて、
作り終わったら部屋の中がグチャグチャになっているし、お姉ちゃんは
しんどくて「お母さん、早く寝ようよ?」と呼ぶばかり。今夜は私がもう一人
欲しいくらいでしたショック でも9時までには二人とも寝てくれてホッ。

昨日の朝から旦那も喉が痛いと言っていたので、何とか今週末で家族全員が
回復しますように!
皆さんも季節の変わり目ですので、お身体大切にしてくださいね。
今日はやっとネットが繋がったので、近況報告させてもらいました。


日本での思い出

今回は帰国を決めたのが急だったこと、帰国中に実兄が手術することになり、
滞在日数を当初の倍に延長したこと、そして実家では色々な行事が重なり、
てんてこまいで、子供達は祖父母とゆっくり接する機会が少なかったので、
私一人で子供二人を連れて外出することが出来ず、日本を満喫する、と言う
感じではありませんでしたが、それでも日本で楽しい思い出を作ることが
出来ました。今日は少ない日本の思い出の写真を紹介します。

日本の思い出1

これは多分日本に着いて初めての夜だったと思います。久しぶりの実家に
子供達は大はしゃぎでした!日本に帰って1週間程は半袖でも十分いける
くらいで、タイとほぼ同じ気候でした。

日本の思い出2

これはお姉ちゃんがおもちゃのカブトムシをくわえてふざけていて、
それを不思議そうに見ている妹の写真です。天然のお姉ちゃんを見て
妹はどんなふうに育つのかとても楽しみですうっしっし

日本の思い出3

お姉ちゃんは祖父が大好き目がハート でも私の父はとても厳格で、私が子供の頃は
とてもじゃないけど、気軽に話しかけられるような存在ではなく、いつも
父に怯えながら暮らしていました。確かに60代になり、昔より多少
丸くなった部分もあるだろうけど、今でも子供がまぶれついてくるような
柔らかい雰囲気は全然ありません。だからお姉ちゃんが「おじいちゃん、
あのね」と色々話しかけても全く返事をしない、お姉ちゃんに見向きも
しない、全く愛想のない父なのに、そんなことは全くお構いなしの天然
お姉ちゃんは、返事が返ってこなくても平気で話しかけているので、
この性格(性質)は父に対してはとても役立っているから感謝しています。

さて、この日はお姉ちゃんは夕方父とお風呂に入り、夕食後に赤ちゃんと
私がお風呂に入りました。お風呂から出て寝る用意を済ませ、ふと
お姉ちゃんが見当たらないことに気付きました。名前を呼んでも返事が
ないので、父の寝室に行ってみると、こんな格好でいるではありませんか!
見て下さい、この嬉しそうな顔↑ 

日本の思い出4

ある日の夕食風景。お姉ちゃんはいつもご飯の時間になるとテンションが
一気に下がり、「私疲れてもう食べられない」などとグダグダ言ってはなかなか
箸が進まず、「じゃあもう食べなくて良い!」と叱ると「嫌だ、全部食べる!」と
言って、それでもうだうだして、結局1時間かけて全部平らげるのですわからん
出された物を全部食べるのは良いことですが、兎にも角にも遅過ぎる!
こんなんで幼稚園に行ったら時間内に食べられなくて、お腹が空いて
授業に身が入らないんじゃないか、と心配です雫
そんなお姉ちゃんをよそに、赤ちゃんはさっさと食べ、食べ終わっても
なかなか食べ終わらないお姉ちゃんにちょっかいを出したり、ごちそうさまを
した後でまたやって来てご飯をもう少しねだったりします。この写真も
二度目の晩ご飯の様子です。赤ちゃんがちょろちょろして、全く何を
どれだけ食べたのか分からない程、毎回の食事は戦争でしたどくろ

日本の思い出5

生まれつき人並み外れた脚力の持ち主の赤ちゃん。最近は脚力に加え、
腕力も付いてきて、かなりの高さでも上れるようになりました。そして
ちょっと静かにしていると思ったら、このように洗面台の中に入って
遊んでいます↑ しかも最初は上がるだけだったのが、途中から降りられる
ようになり、どんどん知恵が付いて、目が離せません失敗

日本の思い出6

最後は仲良く二人でパチリカメラ 時々喧嘩もするけど、二人は大の仲良しですウィンク
生まれて半年くらいはお姉ちゃんが赤ちゃんの時とそっくりでしたが、
最近は段々顔が変わってきています。どうですか?似てますか?


ロイ カトーン

昨日はタイではロイ カトーンと言って、日本で言う灯籠流しの様な
行事がありました。訳すとロイは流す、カトーンはロウソクと言う意味で、
11月の満月の夜に、その年の悪いことをロウソクと一緒に流してしまう、
と言うものです。去年の記憶がないな?...と思っていたら、去年は丁度この時期
一時帰国していたんだった。

今年は11日にQキッズでカトーンを作り、12日にセレモニーがあり、
私はカメラ片手に見学に行ってきました。
お姉ちゃんが作ったカトーンがこちら↓

カトーン

一昨年はコ ローイに行って流したのですが、今年は赤ちゃんがいるので、
人混みの中、どっちかが迷子になっては大変なので、行けませんでしたしょんぼり
でもお陰で帰宅した旦那にお姉ちゃんのカトーンを見せてあげられましたウィンク

カトーンの作り方は、バナナの木の幹を土台にして、周りをバナナの葉を
くるくるっと折って付け、好みの花を添えて、あとはロウソクと線香を
立てれば出来上がり。ちなみにアパートろロビーに飾ってあった特大の
カトーンはこちら↓

豪華特大カトーン

来年は家族揃って流しに行きたいですピンクハート


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。