スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荷物が届いた?!

今日の11:30前にお姉ちゃんと赤ちゃんと3人でバレエ教室に
行くのにロビーに下りていくと、レセプションで「荷物が届いています」
と声を掛けられ、「やっと日本から荷物が届いた?!」と喜んだのも
束の間、渡された用紙は関税の請求書で、その金額は消費税と
手数料合わせて2370B(約7000円)だったのです!届いた
荷物の内容物の合計金額は6000円、それより高いじゃないの!
しかも関税だけじゃなく、消費税なのか何なのか、税金500Bも
取られていて、ショックショック!

ここ半年は日本からの荷物に100%の関税をかけてくるので、
内容物の合計金額を今まで1万円としていたのを、6000?
7000円と書くようにしています。勿論実際はもっともっと高いですよ!
こんなもの、正直に書いたら一体いくら関税を取られるのか...送料と
合わせたらとんでもない値段になってしまいますからね?!

そこまでお金を払っているというのに、荷物は必ず郵便局留め
家(アパート)まで持って来てはくれないんですよ!送料払ってるのに!
オーストラリアにいた時も、荷物は郵便局まで取りに行かないと
いけなかったな?。日本以外では、家まで荷物を運ぶ、という
観念はないのだろうか?そして勿論土日祝日は休みなので、
荷物が郵便局に届いたら、「ピンクのお知らせハガキ」もしくは
コンピューターで書かれた請求書が届くので、それと身分証明書
(パスポートのコピーで可)を持って、郵便局まで取りに行かないと
いけません。必ずしも本人でなくても良いので、代理人の場合は
荷物の宛名の人の身分証明書(パスポートサインをどこかに書いて
おく)、そして受け取りの人の身分証明書、そしてお知らせハガキ、
又は請求書(お金も忘れずに)を持って行けば受け取れます。
荷物の受け取りは郵便局に入ってすぐ右手奥のカウンターです。

明日荷物を取りに行ってもらおう!大体いつも大きい段ボール箱で
10kg以上の荷物なので、アパートのスタッフが自分で、もしくは
外注に委託して受け取りしてもらっています。その際手数料50B
必要ですが、トゥクトゥクで取りに行ってもそれくらいするので、
小さくて軽い荷物以外は毎回お願いしています。

実家の皆さん、いつも貴重な物資を送ってくれてありがとう!!
スポンサーサイト

最近の子供達

まずはお姉ちゃんから。小学生になり、日本人の影響を日々たくさん
受けているせいか、良くも悪くも成長しています。宿題もセンポーの
時には放課後学校で宿題を済ませた人から帰れるのが、今は学校で
宿題をしてはいけないので、家に帰ってきてからするのですが、
アパートに着いたらとにかくすぐに遊びたい&おやつを食べたくて、
私が「宿題してからね」と言うと、「宿題なんてめんどくさい」と
生意気を言う様になりました。

お弁当作り、レパートリーの少ない私はそろそろネタ切れで、寝る前に
お姉ちゃんに「明日のお弁当何が良い?」と聞くのですが、いつも
決まって「何でも良いよ」と答えるお姉ちゃん。好き嫌い無く食べて
くれるのは嬉しいんだけど、「これがいい」って言って欲しいな?、
ってぼやくと、「じゃあカレー」と言われるので、「カレーはお弁当に
できないよ?!」と言うと、「そう?じゃあたこやき」って、何故!?
「あ?、明日のお弁当のおかずが思いつかないよ?!」と悩んでいたら、
いつの間にかお姉ちゃんがホワイトボードにメッセージを書いてくれて
いました↓

メッセージ

ありがとう、お姉ちゃん。参考にならないけど(苦笑)



お次はちび子。今月末で3歳のお誕生日を迎えるちび子はここ数ヶ月
彼女の中で何か変化(成長)が起きている様で、我が強くなり、そして
「お母さんお母さん」と、今まで以上に私を呼ぶ様になりました。
夜もここ1ヶ月は「お母さんと寝る」と言ってきかず、たま?に
「お父さんと寝る」と言っても、しばらくすると「おまたせ?」と言って
帰ってくるので、返す言葉がありません。あっぱれ、ちび子!

ちび子「どうだ?、まいったか?!」 母「参りました」
ちび子2



最後は赤ちゃん。いつの間にかちゃんとお座り出来る様になった
我が家の赤ちゃん。そしてここ数日で急にお喋りが増え、時々
「お母ちゃん」とはっきり聞こえます。こちらが話しかける言葉は
結構分かっていて、タイ語も日本語も両方学習中。毎日メイドさんが
部屋の掃除にやってきては、掃除そっちのけで赤ちゃんにあれこれ
芸を教えてくれるので、バイバイ、手を挙げて「は?い」と返事を
する、拍手等々あれこれ言えばその通り出来る様になりました。
離乳食の食べっぷりも良くて、ずりばいで部屋のあちこちを一人で
探検するのが日課です。末っ子長男、チビこの時と同じように、
周りの多くの人から可愛がられてすくすく育っています♪

チビこの時はいやしい系でしたが、赤ちゃんは今の所癒し系です。
どうかゆっくり、出来るだけゆっくり育ってね?♪
えくぼちゃ?ん♪

今週は母子家庭

今週は旦那が残業か飲み会で殆ど家にいません。更に金曜日から
来週の月曜日まで親戚と一緒にバンコクへ行くので、その間我が家は
母子家庭です。シッターさんが先週の水曜日から田舎に帰っていて、
昨日からやっと来てくれる様になったので助かりました!私一人では
どうにも出来ないくらい元気が有り余っているお姉ちゃん二人なので(汗)。

今週は私も旦那のことを忘れて、子供と楽しく凄そうと思っています。
子供達はお父さんがいなくても元気いっぱい、悪さ炸裂!シッターさんも
疲れを見せず、子供達と遊んでくれるので、感謝しています!

シッターさんと子供達1

シッターさんと子供達2

シッターさんと子供達3

今週の月曜日からシッターさんの息子さん(18歳)と娘さん(15歳)がシラチャに
来ていて、ちび子は大好きなお姉ちゃん(娘さんのこと)に会いに火曜日と
水曜日の夜にシッターさんの家にお泊まりしました!私に似て、よそのお家に
お母さん無しで泊まるのは問題ない子なので、私も安心してお願いできます。

それにしても、ちび子がいないとこんなにも静かで、子供の世話がやりやすいのか、
とお姉ちゃん一人だと喧嘩しないで一人で遊んで、赤ちゃんの面倒も良く見てくれ、
私一人でも余裕です♪...でもやっぱりちび子がいないとどこか寂しいです。
うるさくて手がかかってそれはそれは大変だけど、やっぱり誰か一人欠けても
我が家のカラーにはなりません。たまにお泊まりして、子供のいない(少ない)
生活がどんなものか、実感できるのは良いことかも知れませんね。忙しさに
終われるだけの日常がとても大切に思えるから。どうしても大変さばかりが
前に来て、子育ての楽しさ、素晴らしさが後ろに隠れがちなので、毎日毎日
子供を叱ってばかりなので、もっと余裕を持って、ゆったりと子育てしたい
ものだ、とつくづく思う今日この頃です。

hikaruさんへ

今日は個人的なお知らせを書かせてもらいます。

hikaruさん、まだシラチャにいらっしゃるのでしょうか?
お時間があれば、ランチでもご一緒しませんか?
このブログの私書箱、もしくは私のメールに連絡お待ちしてます。
もう日本に帰られていたら、コメント頂いていたのに、お声をかけるのが
遅くなって申し訳ありません。

トルコに行きたかった

6月29日の記事で「トルコに行きたい」と書きましたが、その後早速
旅行代理店に問い合わせたところ、トルコ行きの航空券だけで
家族5人で約25万Bと言われ、たまげました!日本円で
70万円以上ってことですから、そんなの無理無理!
タイからは直行便はあるのに、人気がないのか分かりませんが、
パッケージツアーも扱っていなくて、本当に本当に残念ですが、
諦めました(号泣)。

せっかくトルコ情報を熱く語ってくれたまとんちゃん、ごめんよ?!
でもいつか必ず行ってやるー!待ってろよ?、トルコ?!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。