スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日に思う

昨日(15日)の読売新聞衛星版の社説よ読んで、どうしてもひと言
言いたくて書きます。*「社説」をクリックすると社説の全文が読めます。
社説の前半は良しとして、後半、特に〆の言葉が解せなかった私。
皆さんご存じの、広島平和記念公園の原爆死没者慰霊碑に書かれてある
「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから」というフレーズ、私は
確か中学校の社会科で習いました。その時「過ち」とは「戦争のことだ」と
教わりました。「日本がポツダム宣言をすぐに受諾しなかったから原爆を
落とされたんだ」と。今思えば当時の私の社会科の先生はかなり左向きの
思想だったので、天皇陛下のことも「国民の税金でただで暮らしている」等と
不敬なことを時々言っていました。しかし当時の私には右も左もありません。
先生が言うことは全て正しい、と思っていましたから、先の慰霊碑の言葉の
意味も、先生の言葉から「戦争をした日本が悪い」という解釈をするのが
自然だと思いました。

でも、私はずっと心の中で「そうかな??」と、ちょっと納得がいきませんでした。
それは多分私の母が時々「アメリカが原爆なんか落としたから日本はこんな
酷い目にあったんだ。アメリカが悪い!」と言っていて、その言葉があったから
だと思います。母は終戦の年の一年前の9月、当時海軍基地があった神奈川県
横須賀市の防空壕の中で生まれたそうです。父はそれよりもう一年前の11月に、
これまた海軍基地のあった広島県呉市で生まれました。その後二人とも岡山へ
疎開してきたのです。

母はテレビにマッカーサーが映る度に「このマッカーサーが戦後の日本を
滅茶苦茶にした」とも言っていました。教科書では「戦後の救世主」的存在
でしたが。私はそんなに真面目な生徒ではなかったので、授業も熱心に
聞いてなかったし、何より歴史にそれ程興味がなかったので、何を言われても
「ふ?ん」くらいに思っていました。それが幸いして、左向きの思想には大して
感化されなかったので、最近の、特に終戦記念日にテレビ各局で放送される
終戦ドラマや、戦争に関する新聞や雑誌の記事にとても違和感を覚えます。
そこには必ず「日本が過ちを犯したせいでこんな悲惨な結果になった」と言う
意味合いの台詞があるからです。

でも皆さん、冷静に考えて下さい。だれが原爆を日本に投下しましたか?
日本ですか?いいえ、アメリカです。アメリカが世界で初めて原子力爆弾を
日本に二度も投下した
のです。未だ各国が地下実験の段階で留めている
と言うのに、アメリカは60年も前に日本で実際に使用したのです。この事は
どんな大義名分を用いても、正当化できるものではありません。この事実は
どうかねじ曲げないで下さい。戦争に関して、日本にも「過ち」はあったかと
思います。けれど、だから「日本だけが過ちを犯した」ということではないので、
ここの所をどうか皆さん、再認識して頂きたい。

そしてもう一つ、「当時日本は世界情勢を見誤ったせいで世界から孤立し、
戦争へと向かった」とありますが、私はその逆だと思います。当時世界は
白人社会で、欧米は競ってアフリカやインド、アジアを植民地にしていました。
アジアが狙われると言うことは、当然日本も植民地になる可能性大!
そもそも欧米人(白人)は「自分達の文化や習慣、宗教から教育までが
世界一だから、他国もこれに倣うべきだ」という傲慢な態度だったので、
植民地になってしまったら、その国の伝統、文化、全て奪われてしまうのです。
そんな「世界情勢」に日本が賛成出来ますか?今の平和ボケした日本人と
違い、当時の日本には「日本を、日本国民を命がけで守り抜く気概」を持った
日本人が沢山いましたから、戦争になることをを覚悟の上で、日本を絶対に
欧米の手に渡さない、と言う選択をしたのです。常に多数の意見が正しい、
と言うわけではありません。日本は世界情勢を正確に見極めていたのです。

終戦記念日には、過去の戦争の悲惨さを知り、犠牲者に哀悼の念を尽くし、
核兵器のない世界作りに向けて、唯一の被爆国、日本から世界に向けて
強いメッセージを発信すると共に、当時日本を命がけで守ろうとした
先人の方々の熱い思いに触れる一日であって欲しい、私はこう思います。
私はテロも含め、戦争は絶対に反対です!でも、他国が日本を侵略して
くるなら、やむを得ないと考えます。日本を守るのは日本人しかいない
のですから。



後書き:
やっと書き終えることが出来ました。途切れ途切れの針仕事だったので、
文章の流れがおかしいかと思いますが、そこはご勘弁願います。
日本人の皆さん、毎日を「なんとな?く」で過ごさないで下さいね。
隙あらば、と目を光らせている国が日本の隣近所ですからね。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。