スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンチャナブリ旅行記2

さて、やっとカンチャナブリ市内に着きました!
中心地の道路はとても広く、整備されていてきれいです↓
メイン道路

午後3時頃にカンチャナブリの中心地に到着したので、その足でまずは
シッターさんの実家へお邪魔しました。シッターさんの実家はここから
30分程の所にあります。シッターさんの家族とはシラチャで会ったことが
あったので、特に子供達は久しぶりの再会に大興奮でした!

大通りを右折して、ランブータンの砂糖工場を通り過ぎ、舗装された
小さめの道をどんどん奥へと入って行くと川があり、橋を渡るとすぐに
線路を渡りました。この線路ですが、踏切も何もありませんから、よ?く
見ないとそこが線路だなんて気付きません(汗)。何と、枕木もないんですよ!
線路

途中で出くわした子豚を積んだトラック。つい「ドナドナ」を口ずさんで
しまいましたが、あれは子牛だったよね(苦笑)
子豚のトラック

更に奥へ奥へと車を走らせると、道がどんどん狭まり、両脇には
次々と畑が出て来ました。まずはトウモロコシ畑↓
トウモロコシ畑

きれいに耕された畑↓
耕された畑

田んぼ↓
田んぼ

日本へも輸出されているというアスパラガス畑他沢山の野菜や果物が
育てられていました。
畑の間の細い道をロットゥ(ミニバス)が通るのは恐らく初めての
事でしょう!皆何事かと窓から顔を覗かせたり、家から出てきたり
していました(笑)。いや、多分その前からシッターさんの実家の
家族がご近所さんに「今度うちに日本人が来るのよ!」と話して
いたからかも知れません。何せこの辺の人は日本人に会うのは
初めての人ばかりだそうですから!

実家の前まで続く道は車がギリギリ通れるかどうかってくらいで、
ちょっとドキドキしましたが、無事到着しました。すぐにお婆ちゃん
(シッターさんのお母さん)や娘さん、同居しているいとこが家から
私達を出迎えに来てくれ、その後すぐに近所の家から子供や
年配の女性が次々に出て来て、私達一行を珍しそうに遠巻きに
見ていました(笑)。(この日は平日の午後3時半で、学校や仕事で
男性と大きい子は留守だったのです)
この時程「自分は外人なんだ」と強く感じたことはありません(笑)。

家全体の写真は、撮って良いのかどうか分からなくて、取り損ねて
しまいました。タイの田舎の、土壁の家で、中は玄関を入ると
土間みたいな感じで、その横や奥に布団が積み上げられていて、
ちび子用にわざわざ新調してくれた子供用布団と蚊帳もありました。
家の奥に台所らしきものがあり、シャワーもあるそうです。勿論
お湯は出ません。水道は玄関を出てすぐ目の前にもあり、洗濯機も
外に置いてありました。

久しぶりに会ったお婆ちゃん達にちょっと恥ずかしがっているちび子。
つい2?3週間前にシッターさんと2人でここに遊びに来たと言うのに
どうしたんだろう?そんなちび子に優しく話しかけてくれるウーンちゃん。
彼女はシッターさんのお兄さんの子供、つまり姪っ子ですが、訳あって
シッターさんの実家で暮らしています。

ちび子とウーンちゃん

でもすぐに慣れて、庭で飼っているカメを見たり↓
飼いカメ

この草、実はすごいんです!
魔法の草

一見その辺の足下に生えている雑草みたいですが、この種が
すごいんです!種とは、茶色の細長い部分です。
ナーム・テーク

この種を水の中に入れて数秒すると...

パーン!パンパンパンパーン!!
爆発中!

写真では分かりづらいですが、種の殻が爆発して、中に入っている
小さい種が一気にはじけ飛ぶんです!それが想像以上の爆発力で、
顔に水がバチッと当たるとちょっと痛いくらい!子供達は勿論、
旦那と私も夢中になって、次々に種を水の中に入れて楽しみました!

家の庭には沢山の果物の木があり、家の裏には畑もありました。
畑では冬瓜がたっくさんなっていて、その大きさと言ったら、大きめの
新生児くらいはありました!しかも赤ちゃんよりも遙かに重い!
冬瓜の写真は撮り忘れましたが、他の写真はバッチリです。
まずこちらはバナナです↓
庭のバナナ
 
こちらはソムタムでお馴染み、青パパイヤです↓
庭の青パパイヤ

これは...名前を忘れましたが、マナーオより二回り大きくて、
皮がごつごつして分厚く、味は酸っぱ苦いものです↓
庭の...何だっけ?

これはザクロ↓
庭のザクロ

こちらの花、見覚えありませんか?
庭の花

タイではお馴染み、花輪(プア・マーライ)に使われている花なんです。
ほら、よく車のバックミラーにぶら下げられたり、お寺で仏像に
お供えされている、1つ10?20Bの花輪です。私はこの花は
もっと沢山集まって咲くのかと勝手に想像していましたが、こんなふうに
少しだけ咲くんですね?。ってことは、あの花輪を作るのにこの花を
集めるのは大変なんじゃないかしら?

こちらは青パパイヤの別の木↓
庭の果物
木の向こうに見える、舗装されていない細い道をミニバスで通って
来たんですよ!ドライバーさんすごい!

家の庭先

...とまぁこんな感じで、滞在時間はほんの20?30分くらいだと
思いますが、濃厚な時間を過ごさせてもらいました。何せ私はタイの
一般家庭?にお邪魔するのは初めてだったので、こんな風に庭先に
果物が沢山あって、野菜も作っていて、こんな田舎に住んでいたら、
果物は買う物ではなく、庭先になっているのを採って食べるもの
なんでしょうね?。ちなみにこれらの果物、決して「植えている」
訳ではなく、種が落ちて、勝手に育ったって感じでしょうね(笑)。

最後に、記念撮影をしてお婆ちゃんとさよならし、シッターさんの
子供2人と姪っ子を連れて、ホテルへ出発したのです。
それにしても、やっぱりお婆ちゃんが私の母より1?2歳年下だって、
どうしても信じられないわ?(苦笑)。まだ60ちょっとなのよ!




旅行初日がまだ終わらないまま、旅行記3へつづく。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

☆hikaruさん

「ドナドナ」、共感してもらえて、私も嬉しいです(笑)。

この草のこと、ご存じだったとは!
こんな小さな種の殻なのにこの威力、衝撃的ですよね!

タイの匂い、どんどんお届けしますので、乞うご期待!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。