スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩むところです

先日お姉ちゃんがこんなことを言い出しました。

お姉ちゃん(以下姉):あのね、黒い人は悪い人なんだよ。
私:黒い人って、誰?肌が黒いって事?
姉:違うよ。黒い帽子をかぶって、黒い服と黒いズボンを着て、
   眼鏡も黒いのをかけてる人だよ。
私:...!!(絶句)
姉:その人はね、悪い人だから、もし見かけたら逃げないと
   いけないんだって。お母さん、黒い人見たことある?
私:見たことはないけど、知ってるよ。それ、誰に聞いたの?
姉:(私の質問には答えず)ええ?お母さん、知ってるの!?
   黒い人って、悪いよね?。そんな人、駄目だよね?。
私:うん、そうだよ。日本に帰ったら、もしかしたら、そういう人が
   学校や家の近くにいるかも知れないから、気をつけるんだよ。
姉:うん、わかってる。

結局誰から聞いたのかは最後まではっきりせず終い。もしかして、
学校で教えられたのかな?だとしたら、私としてはとても複雑な
心境です。海外と言うことで、日本より治安が悪いから、とにかく
気をつけなきゃ!って、タイに来てしばらくはかなり警戒していた
私ですが、5年経った今、実は日本の方がよっぽど治安が悪く
なっているようですね(苦)。アパートのスタッフは勿論、一歩外に
出ても、見知らぬ人から声を掛けられるのなんて、ここシラチャでは
自然(当然)なこと、いつも「誰にでも挨拶するんだよ。誰かに
話しかけられたら、ちゃんと答えるんだよ」と教えていましたが、
本帰国になったら、これを根底から覆さないといけないようです。
特にちび子なんて「おいでおいで?」と手招きされたら誰彼構わず
「な?に??」って駆け寄って行きます(苦笑)。「お菓子あげるから
こっちおいで?」なんて日常茶飯事のことだから、本帰国を境に
「危ないから絶対に呼ばれても付いてい行っては駄目」と教えても、
きっとあの子は条件反射で付いて行くことでしょう(恐)!
あぁ?、どうすればいいんだろぉ??????(悩)
私がタイに来て半年程でクーデターが起き、その後タイの政治は
ずっとゴタゴタしたまま、一去年からはデモが活発化して、日本では
「政情不安でとても危険な国」と思われているでしょうが、特に
シラチャではクーデターの日も、デモの日も、いつもと変わらない
のんびりした時間が流れていました。どこへ行ってもいつも誰かが
子供達に声を掛けてくれて、可愛がってくれて、お店では店員さんが
「子供を見てあげるから買い物してきて良いですよ」なんて言って
くれるので、私は「じゃあお願いします」と頼んで、落ち着いて
買い物したり、食事をしたり...「あなた、それでも母親なの!?」って
非難囂々かも知れませんが、他人を恐れたり、警戒する必要が
殆ど無い、「誰かにちょっと子供を見てもらえる」と言う環境に
身を投じてかれこれ4年以上になるので、こういう日本の現状を
聞かされると、本帰国するのがとっても恐くなります!!

話は変わりますが、3学期が始まり、校長先生からの通信に、
「保護者の方からクラスの連絡網に住所を特定出来る記述を
削除して欲しい
と言う要望があったので、近い内に名簿から
住所の記載を削除することにしました」と書かれてあったので、私は
驚きました!まさか、タイで、日本人学校のクラス名簿を見て、
悪徳セールスや泥棒が家に押しかけて来るの!?電話番号を見て、
振り込め詐欺の電話がかかってくるっていうの!?もしかかってきて、
言われた通り振り込めたら、そっちの方がすごいよ?!!子供が
日本人学校に通えるくらいの家庭なら、一軒家でもアパートでも
コンドミニアムでも、必ずセキュリティ完備の所だから、日本のように
気軽にピンポ?ン♪って訪ねることは不可能です!校長先生は
こういう要望には毅然と対応して下さる方だと思っていましたが、
今回の対応には正直がっかりしました。そもそも学級名簿の
存在意義を考えれば、電話番号や住所の記述があるのは当然の
ことなのに...バンコクではどうか分かりませんが、シラチャでは
きちんと連絡先を公表してもらいたいです。でも日本では名簿の
無い(作れない)学校が大半なんだそうですね!う?ん...(悩)。

私が来タイした5年前、シラチャは今と比べて不便な町でした。
平日会社の車が自由に使える人なんてほんの一握りで、だから
バンコクへ行くのなんてかなり思い切った遠出でした。宅配だって
僅かだったし、トップスも改装前で、買える物が殆どない状態で、
(腐っていたり、痛んでいたり、品切れだったり、種類がない等々)
情報もそんなに無くて、でもだからこそ人と人との繋がりが密で、
誰かに支えられ、助けられて暮らしている
と言う実感が常に
ありました。シラチャ在住の駐在妻は年齢層も30代前半から
50代?位まで、個人レベルでは人間関係等で多少は問題が
ありましたが、そこは手遅れになる前に年配の方が上手に仲裁や
助言して下さり、年配の方から直に学ぶことも多く、今思うと、
人に恵まれていたのだと思います。それが今では不景気、
日系企業の新規参入、日本人学校や幼稚園の新設等で、
20代後半?40代前半、圧倒的に多いのが私を含む30代です。
付き合いもどうしても同じ世代に偏りがちで、そうすると視野が
あまり広がらないんですよね。以前と比べて年配の方も少なくなり、
お話しする機会が持ちにくく、ちょっとした揉め事も丸く収めることが
難しい、子育てに関しても、ずっと先輩の知恵をお借りしたいと
思っても出来ないのは、とても残念です。その分タイ人がああだ
こうだ聞いてもいないのに教えてくれますが(笑)。

そうそう、昨日家族で伊勢丹へ行ったのですが、そこでたまたま
同じベンチに座ったタイ人の年配の女性が、座るなり私に次々と
話しかけてきたのです。「日本人?」「タイに住んで長い?」
「タイ語は話せるの?」「何歳?」「誰と来たの?」「どこに
住んでるの?」「自分で運転して来たの?」「子供は何人?」
「旦那さんはタイ人?日本人?」...ちょっとタイ語に訛りがあり、
聞き取りにくい時がありましたが、次々浴びせられる質問に、
何とか答え切った私は、「久しぶりに遠慮無く話しかけるタイ人の
おばちゃんにあったな?」と思うと、ちょっと嬉しくなりました。
訛りからして、この女性も田舎から出て来たのでしょう。そう言う
私もシラチャの片田舎から出てきた、日本訛りのタイ語を話す
生まれも育ちも田舎者ですが(苦笑)。でもさすがに3つ目の質問で
いきなり年齢を聞かれたのには「おっ!?」と思いましたよ(苦笑)。
日本に帰ったら、こういう場合でも警戒心を解いてはいけないの?
と思うと、切なくなります(涙)。

話しがどんどん脱線するので、この辺で終わりにします。
もしかして私、今の日本人の感覚から相当ずれちゃってる!?
この5年間、時々一時帰国しましたが、帰る度に聞いたことない
言葉や新商品に驚くばかり!私、こんな状態で今の日本での
生活に付いて行けるかしら???(大汗)

最後に一つ付け足しておきますが、日本より治安が悪い部分も勿論
あります。置き引き、ひったくり、詐欺等、日本人が被害に遭う事も
しばしば。例えば道を歩く時はカバンは車道と反対側に肩から掛け、
脇にしっかり挟む、とか、財布を端から見える所に持たない(手で持つ、
ズボンの後のポケットに入れる等)、(男でも)夜道を一人で歩かない、
貴重品から目を離さない等は必須です。皆さん、お気をつけ下さい。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

☆hikaruさん

> 黒い服が好きな私はきっと怪しい人ですね(笑)

私も黒は好きなのですが、タイだと暑苦しい色に思えて、あまり着なくなりました。普通の人が黒を好んで着る分には、決して怪しさは感じないとおもいます。もしお姉ちゃんが何か言って行ったらすみません(苦笑)。

> 私もかなりズレてるらしい・・・。ズレテル人をわかってくれる人もいます。助けてくれる人もいます・・・(笑)

そうだと助かります!...自分が想像する以上に「ずれている」でしょうから...今でもちょっと?ずれていますし(苦笑)。励ましのお言葉、ありがとうございます!

☆にゅこさん

> 日本では自分が全然予想していなかったことで被害を受けることがありますものね。

これでは防ぎようがないですよね!
こんな状況では異常なまでに神経質になるのも無理はありません。
子供を守れるか、正直自信がありません(汗)

> それにしても、シラチャの町を住み心地良く築き上げてくださった先輩方に頭が下がりますっ!

私が来タイするよりもう5年前だと、ロビンソンもないし、アパートも数件しか無かったそうですから、そういう方々を思うと、ここまで日本人が暮らしやすくしてもらって、感謝感謝ですね!

日本とタイとでは「危険」の種類が全く違うのでしょうねー。
タイでは基本的な自己防衛を徹底すれば、被害を防げるのでしょうけど、日本では自分が全然予想していなかったことで被害を受けることがありますものね。
それにしても、シラチャの町を住み心地良く築き上げてくださった先輩方に頭が下がりますっ!

悩まなくてもいいです。というよりも、今の悩みは次の悩みよりきっとかわいらしいものです・・。
黒い服が好きな私はきっと怪しい人ですね(笑)
でも挨拶は大切です。人としての基本・・・。何事も挨拶が始まりです・・・。
私もかなりズレてるらしい・・・。ズレテル人をわかってくれる人もいます。助けてくれる人もいます・・・(笑)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。