スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンチャナブリ旅行記8

歩き続けて小1時間、予想外の本格的なトレッキングコースに
へとへとになった私達ですが、そんな疲れも一瞬で吹き飛んで
しまうくらいの絶景が目の前に広がってきました!

こちらがエラワンの滝です!どうぞ?!!
エラワンの滝公園24

エラワンの滝公園31

タイなので、正直「日本の滝の方が綺麗じゃないかな?」とあまり
期待していなかったのですが、なかなかどうして、それはそれは
美しく幻想的な景色で、見る者を癒してくれるではありませんか!
ここまで頑張って歩いた甲斐が十分あります!!老若男女があれだけ
必死に滝を求めて歩く訳が分かりました。そこまでして見る価値あり!

エラワンの滝公園18

マイナスイオンをたっぷり浴びて、くたくたな心と体がみるみる元気を
取り戻してくるのが分かります。子供達は泳ぐ気満々で、早速水着に
着替えました。更衣室は無いので、大人は近くのトイレで着替えました。
トイレは意外と綺麗でしたよ。でもタイ式ですがね。タイ式は和式トイレと
とても似ているので、日本人には難なく使える筈です。
タイ人は皆服のまま水の中に入ってくつろぎます。水着に着替えて
いるのはうちの子かファラン(欧米人)くらいでしょう。泳ぐと言うより
水に浸かって涼む、と言う感じですね。

エラワンの滝公園19

エラワンの滝公園25

赤ちゃんも水着に着替えて、お姉ちゃんに抱っこされて水の中へ。
エラワンの滝公園26

お姉ちゃんは赤ちゃん達のいる場所より少し上の場所で泳ごうと、険しい
足下を必死で上って行きます。何とか転ばずに辿り着き、さぁ、泳ぐぞ?!
エラワンの滝公園21

...と思ったら、なかなか水の中に入ろうとしないお姉ちゃん。
どうしたのかと不思議に思い、近付いて見ると...



































































エラワンの滝公園20

ひゃ?!結構な大きさの魚がうじゃうじゃいる?!!
とてもじゃないけど入れないよ???!!!
(でもタイ人は普通に入っている...何故だ!?)

ちび子もこの魚にびびって、お姉ちゃんにしがみついて離れません!
エラワンの滝公園22

赤ちゃんはその逆で「入りた?い!」と大はしゃぎ!
エラワンの滝公園23

ひとしきり水遊びした後は、近くの売店で食べ物を買って、皆で
遅いお昼ご飯を食べました。
エラワンの滝公園28

ソムタム、ガイヤーン、カオニャオなど。お腹が空いていたのでどれも
美味しかったです。でもカオニャオは中にでっかいアリが沢山混じって
いたのにはちょっと驚きました(苦笑)。タイ人はそのアリを「食べて良いよ」
なんて言っていましたが...あんまり笑えなかった(苦)
今回の旅行に私が作って冷凍しておいた離乳食を沢山持ってきたのですが、
シッターさんが「赤ちゃんのご飯は今朝チンして持ってきたからね」なんて
言うから、「いやいや、チンしたものを何時間も持ち歩いていたら腐るよ!」
と言うことで、赤ちゃん、初カオニャオ(餅米をそのまま炊いたもの)です。
エラワンの滝公園29

お腹がいっぱいになった赤ちゃんはそのままお昼寝。
エラワンの滝公園30

お姉ちゃん達は再び水遊びへ。男連中は上の滝を目指して行きました。
そう、滝はここだけじゃないのです。何と全部で7つも滝があり、ここは
一番下の第7の滝だそうです。シッターさんは「第5の滝が一番きれい」と
言っていましたが、第5の滝まで行ってきたドライバーさん曰く、
「第7の滝だけ見れば十分」だそうです。と言うのも、ここまでも結構
険しい道のりでしたが、そんなの目じゃないくらいの急で足下ももっと
酷く、しかも1つ1つの滝までの間が相当遠いらしいのです!!
若者2人組は第4の滝まで行き、旦那は更にもう1つ上を目指して必死に
上ったのですが、上れども上れども第3の滝が見えて来ず、残念ながら
途中で断念して引き返してきました。登りがきついと言うことは、下りは
もっともっときつい!やっとの思いで下りてきても、まだそこから
駐車場までのなが?い道のりを歩いて戻らないといけないのです!
皆さん、お疲れ様でした。

余談ですが、園内は禁酒ですが、そこは宴会好きなタイ人、これだけの
ハイキングコースにも拘わらず、ペットボトルのジュースや氷、でっか
ラジカセやお弁当など、宴会グッズ一式を持ってやってくるルグループが
いっぱいです。中には缶ビールらしきものを1ダース抱えてやって来る
強者も!そんな中で私が一番驚いたのはこちらのグループです↓
エラワンの滝公園27

中央のしゃがんでいる女性をよ?く見て下さい。分かりますか?彼女、
クロックでソムタムを作っているのです!
クロックとは、タイ料理用の小型の石臼で、石臼なので相当重いです!
それをここまで持ってきて、ソムタム(青パパイヤサラダ)を作って
食べようなんて、何て見上げた根性なのでしょう!まだまだ私の知らない
アメイジングがてんこ盛り、なカンチャナブリです(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

☆hikaruさん

> ここは水深はどのくらいなのかな?

途中で急に深くなっている所もあったようです。
多くのタイ人は水着を持っていません。必要ないからです(笑)
服のまま海に入り、びしょ濡れのまま帰る→家に着くまでに乾く
と言う事だそうです。合理的というか何というか...面白いですね~。

> ソムタム大好きです。こんなところでご飯食べたらおいしいだろうなぁ、
> ビールもおいしいだろうなぁ・・・

ほんと、景色だけで十分お腹いっぱいになりそうな所でした!
ビールも美味しいでしょうね~。でも公園の人に見付かったら
即没収ですから、こっそり飲まないとね(苦笑)

いいところですねぇ。ここは水深はどのくらいなのかな?服のままでも大丈夫なくらいのところなのかなぁ・・・。アパートのプールは結構深かったのでこわかった。もう少し足がしっかりつくくらいだったら安心で泳げたんだけど・・・・。マイナスイオンもたっぷりですね・・・画面を通してリフレッシュしました。私、ソムタム大好きです。こんなところでご飯食べたらおいしいだろうなぁ、ビールもおいしいだろうなぁ・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。