スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の下ネタ

我が家のお姉ちゃんは確か5歳頃からかな?
こんなことを言うようになりました。
私が「トイレに行った?」「おしっこ出る?」と聞くと、
自分の下腹部を触って、おしっこが溜まっているかどうか
確かめてから
返事をします。


いや、それ、違うでしょ?
膀胱におしっこが溜まっているかどうか、触って知るのではなく、
脳(感覚)で分かろうよ!


こんな感じなので、「まだそんなに溜まってないからいい」と
言ったり、「うわ、すっごく溜まってる!急いで(トイレに)行かなきゃ!」
と言ったりするのです(苦)。どうしたものか...(悩)

日本人学校に行き出してからは特に、トイレに行く時間がなくて、
トイレを我慢するようになってしまい、良くないな?...と心配しています。
私としては、学校では何はなくともまずトイレと食事の時間だけは
きっちり確保してもらいたいのですが...
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

☆hikaruさん

> 脳と膀胱の関係も子供によってそれぞれです。

分かってはいますが、やはり焦りは拭えません(汗)。
うちの場合は特にお姉ちゃんよりも妹の方が何でも進んでいるので、
どうしても「お姉ちゃんなのに」と思ってしまいます(苦)。

> その時は悩みますが過ぎてしまえばなーんだです。私は子供のおねしょには小学高学年になるまで悩みました。なつかしい、なつかしい、な~んだ、な~んだの心配事でしたぁ・・・

うちは夜のオムツは妹の方がとれるのが早かったかも(汗)
でもある日「私、今日からおねしょしない」と宣言したかと思うと
その日以来パタッとしなくなりました。これにはびっくりです!
子供って本当にそれぞれの歩幅で着実に成長するんですね!
子供の成長をもっとゆったり見守ってあげたいのに、全く出来ない母でごめん(涙)

おしっこのトレーニングは難しいです。子供の成長は育児書に書かれてるようにはいきません。脳と膀胱の関係も子供によってそれぞれです。しつけもありますが、身体の発達は個人差があります。子供ができなければ親が自分のせいだと責めてしまいがちです。その時は悩みますが過ぎてしまえばなーんだです。私は子供のおねしょには小学高学年になるまで悩みました。なつかしい、なつかしい、な~んだ、な~んだの心配事でしたぁ・・・
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。