スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンチャナブリ旅行記9

前回のカンチャナブリ旅行記をまだ書き終えていない私(汗)
急いで完成させるぞ~!

と言う訳で、前回はここまでだったので、その続きを書きます。

エラワンの滝でたっぷり癒された私達は、日本のテレビでも
紹介されたことのある水に浮く尼さんがいるお寺、
Wat Tham Mangkon Thongに行きました。
ここがお寺の入り口です。巨大なお腹の像が目印です。
ドラゴン寺院 入り口1

この像のお臍に穴が開いていて、その中にお賽銭を投げ入れて
見事入ると良いことがあるそうです。これがなかなか難しくて、
ちび子はズルしてお父さんに抱っこして入れていました(笑)
お賽銭を入れるちび子

お寺ですが、夕方から屋台が沢山出て、参拝客で賑わうそうです。
この日はまだ午後4時前だったので、お店は閉まっている所が
殆どでした。
ドラゴン寺院 入り口2

寺院内の出店

参拝客ももう少し日が暮れてからやって来るそうで、この時は
寺院内には殆ど人影がありませんでした。とても静かで、犬は
この通り、こんな無防備な格好で寝ています(笑)
爆睡中

水に浮く尼さんを見るには10人以上だと一人20Bで見せて
もらえるのですが、10人に満たない場合は200B払うと
見せてもらえます。このショー?の元締めみたいな女性が
寺院内とは思えないくらいヤクザっぽくて恐かった~(汗)
ショーはこの塀の中で見られます。中はどうなっているのかな?
水槽の入り口
中は円形の深い水槽があり、水槽を囲む様に観客席が設けられて
います。先程お金を渡したヤクザの物元締めみたいな女性に
連れられてやってきた尼さん。まるでヤクザに雇われている
みたいでちょっと恐かったよ~(冷汗) 尼さんは水の中に入り、
次々とポーズを変えながら見事に浮いています!
水に浮く尼さん1

水に浮く尼さん2

水に浮く尼さん3

ショーはものの2分程で終わり。水槽の水があまりに冷たくて、
尼さんにとってはこれも修行の一つなのでしょうが、私は尼さんが
風邪をひかないことを願ってしまいました。

水に浮く尼さんを見た後は、境内の右奥にある長い階段へ。
すっごく長いでしょ?写真を良く見て下さい。赤い階段を
上ると、その奥にまだまだず~っと階段が続いているのが
分かりますか?
洞窟へ続く階段

この階段、必死で上りましたよ~!
と言うのは嘘で、写真を撮ってさっさと退散しました(苦笑)

お次は日本でも最近お馴染みのガネーシャです。
IMG_6031.jpg

エラワンの滝で予定よりも時間を使ってしまったので、ここは
これでお終い。お次はカンチャナブリ連合軍墓地に寄りました。
5時閉門で、着いた時にはすでに閉門時間5分前だったので、
入場を断られていたにも拘わらず、後から来たタイ人観光客が
入って行ったのを良いことに、私達も中へ入りました。
戦争墓地入り口

広い墓地内は芝生が綺麗に手入れされていました。
戦争墓地内1

戦争墓地内2

没年21歳...人生これからの若者です。こんな遠い異国の地で
命を落とし、祖国に帰ることなく眠っているなんて気の毒です(涙)
墓碑を見ていると、年齢は大体私くらいから下が多かったです。
戦争とは何と愚かで虚しいものなのでしょう!
戦争墓地内3

...とここで閉門時間になり、外へ出されてしまいました。しかも
丁度カメラのバッテリーが切れてしまったので、写真もこれだけ。
さて、明日はいよいよカンチャナブリ最終日です。最終日にこの旅
最高なアメイジングが待ち受けているとは、この時誰も気付いて
いませんでした。乞うご期待!
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。