スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま?!

昨日無事にタイへ戻りました。広島→バンコクは午前9:40発だったので、子供が起きていることを
前提に、あれやこれやと大量の手荷物を機内に持ち込んだのですが、幸か不幸か前日の夜子供は
何度も起きて殆ど寝ていなかったので、機内に乗り込むとすぐにごろんと横になり、ごそごそ
してはちょっと起きあがって辺りをきょろきょろしたり歌を歌ったりしてまた横になる、を
繰り返している内に1時間くらいしたら寝て、そのままバンコクに着く40分前まで寝ていたので
本当に助かりました!
今回は日本から物資を持ち帰ることも大事な任務の一つだったので、スーツケースには重たい
食料品や本などをパンパンに詰め込み、更に段ボール箱に紙オムツ等を入れて、それらは全て
預け荷物なのですが、搭乗手続きの時に計量したら全部で50kgもあり、一人20kgまでだったので
超過分をいくら取られるか冷や冷やしていたら、1人5kgまではサービスしてくれたのでホッ雫
機内は日本に戻った時より更に空いていて、子連れにはこの上ない好条件でした!
機内食も私のは勿論、子供用の食事も色々入っていて、しかも結構美味しかったので今度
帰国する時も絶対にバンコク航空にするぞ!と堅く誓ったのでしたウィンク
実家の皆さん、大変お世話になりました。特に前日から空港まで送ってくれた父には40kgもの
スーツケースをあっちに運びこっちに運びさせて申し訳なかったです涙ぽろり

それにしても、日本を離れて4ヶ月後に帰国した時はさして「懐かしい」とかそういった
感情はなかったし、初めて一時帰国してタイに戻るとカルチャーショックが大きいと
聞いていたけど、それもなく、何とも普通に日本とタイの生活を送っているのには自分でも
ちょっと驚いています。ここシラチャが想像以上に日本人が多く、日本の食材が豊富で
毎日和食を食べられるからかな?そして毎日殆どを日本語で生活できているから、というのも
大きいでしょう。

そうそう、タイに戻ったら長い夏休みが終わって今月から学校が始まっていたので、お向かいの
小学校から子供達の元気な声が聞こえてきてとても嬉しかったですスマイル
以前は毎朝8時の国旗掲揚の時は児童が演奏したと思われる国歌がテープで流れていただけ
だったけど、今日は演奏がプロっぽかったし、児童が皆大きな声で国歌を斉唱していたのを聞き、
丁度朝ご飯中の私は思わず子供に「あなたの国歌は『君が代』と言ってね、雅楽調で、永久に
国の平和と繁栄を願う、とても素晴らしい歌なんだよ」と言って歌って聞かせました。
国歌を歌ったのは何年ぶりだろう?日本人で良かった、と改めて思いました。
皆さんもこれを読んで、『君が代』を歌ってみて下さい。「自由と平等の為に共に闘おう」等と
いった勇ましい歌詞が多い世界の国家の中で、これ程までに穏やかで平和を詠った国歌は多分
唯一じゃないかな?と思います。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。