スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の夜の子供達

お風呂も晩ご飯も歯磨きも全て終わり、子供達は寝るまでの
自由時間を楽しんでいました。私は書き物をしていたと思います。
部屋を歩いていると、足下にこんな物が落ちていました↓
うきな

「なんだこれ?うきなって何?」
と思ったものの、さほど気に留めず、すぐに通り過ぎた私。
しばらくしてこの紙の存在の意味を知らされました。


お姉ちゃん
 「ピンポンパンポ~ン♪お知らせしま~す。
  皆さ~ん、私の名前はうきなと言います。
  お友達がいないので、誰かお友達になってくれませんか?
  私はとっても優しい子です。家の前に看板をおいているので、
  どうぞ私の家に遊びに来て下さい。楽しいおもちゃがいっぱい
  あります。美味しいお菓子もいっぱいあります。」



そうなんです、さっきの紙はお姉ちゃん扮する「うきなちゃん」の
看板だったのです!いや~、全然分からなかった~(苦笑)
ここがうきなちゃんのおうちです。一人寂しくお友達が遊びに来て
くれるのを待ちわびています。
うきなちゃん1

ところが...


お姉ちゃんのお知らせは残念ながら、誰にも届きませんでした。
ちび子と赤ちゃんはお姉ちゃんを無視して遊んでいます。
遊びに夢中1

遊びに夢中2

誰もうきなちゃんの家に遊びに来てくれないので、もう一度放送して
いましたが、それでも下の二人の耳には届きませんでした。
「あ、もしもし、お父さん?もうすぐ帰るって?ご苦労様~」
遊びに夢中3

 
うきなちゃんは誰も遊びに来てくれないので、

「どうして誰も私の所に遊びに来てくれないのかしら?
 誰もお友達になってくれないのね。私、悲しい」


としょんぼり。そして一人淋しく自虐的な遊びを始めました(苦笑)
うきなちゃん2

頑張れ、お姉ちゃん!一人でも負けるな!

お姉ちゃんの傷心に全く気付かない妹と弟...
「ねぇねぇ、お母さん、恐竜が来たよ!ガオ~!」
ちび太

この日の我が家も賑やかな夜でした(笑)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。