スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間の10日

しばらくブログの更新が滞ってしまいました。
子供達はずっと元気だったのですが、実はちび子は
手足口病に感染してしまい、1週間Qキッズをお休みして
いました。休んでいる間もとにかく元気を持て余しており、
一日中遊び倒して喋り倒して、すぐに「お腹空いた」の
毎日だったので、私も1日熱でダウンしてしまいました(苦)
1週間ずっとちび子のお喋りを聞き続けたからです!

そしてお姉ちゃんは時々「頭が痛い」と言っていたのですが、
「小学生で頭痛?聞いたことない」と言うことで、さして
重要視していませんでしたが、頭痛が激しくなり、最後は
嘔吐と発熱もあったので、15日~18日の4連休の最後、
入院しました。その時の写真がこちら↓
朝ご飯

そうなんです。またしても元気なんです(苦笑)。でもこの前日は
結構しんどかったんですよ。信じられないでしょうけど(苦笑)。

今回入院したのは、「コネクティング・ルーム」と言うタイプで、
パヤタイ病院では最高級?の病室でした。

病室が右隣にあります。写真奥のドアを開けると廊下です。
付添人用の部屋1

ちび子がどうしてもファインダーに入り込んで来ます(苦笑)。
付添人用の部屋2

こちらが付き添いの家族用のベッドです。私が使いました。
付添人用のベッド

ここが洗面所。右手がシャワールームです。ちなみにちび子が
来ているのはパジャマです。お姉ちゃんの時に買いました。
ちび子もお姉ちゃんと同様、このパジャマを着ると「座敷童」に
変身です(笑)
バスルーム

アメニティも充実しています。こら、ちび子!それは触っちゃいかん!
それはナースコールのブザーだよ!!
洗面所

こちらはドアを入った部屋の感じです。奥の白い扉を開けると、
お姉ちゃんのいる病室にです。ちび子は右手のソファにシーツを
掛けてもらい、そこで寝ました。
付添人用の部屋3

一晩中献身的な看護があったので、私は時々起きてお姉ちゃんの様子を
見たり、看護婦さんに話を聞いたり、看護婦さんが付けっぱなしで
帰って行った後の電気を切ったり、点滴の交換をしてもらったりして、
朝までぐっすり、と言う訳にはいきませんでしたが、それでも今までの
入院で一番快適でした。ちび子もぐっすりで助かりました。

翌朝7時過ぎにちび子が先に目を覚まし、「お母さん、朝だよ」と
言って起こしてくれました。その時まだお姉ちゃんは寝ていたので、
ちび子と二人で朝ご飯を買いに病院の外に出てきました。病室に戻り、
3人で朝ご飯を食べた写真が一番最初の写真です。その後、回診があり、
お姉ちゃんの状態が良かったので、私とちび子は洗濯をしに一旦
帰宅しました。その間お姉ちゃんは、私がちび子用に持って行っていた
塗り絵や画用紙、はさみなどで一人遊んでいたそうです。お姉ちゃんは
ちゃんと成長していたのですね!一人で入院出来るようになっていて、
私は本当に嬉しく思いました(涙)。

さて、3時間後に病室に戻ると、時計はもうすぐ1時。お姉ちゃんは
お腹が空いたので、自分でお昼ご飯を注文して食べていました。タイの
病院ではレストランのように、メニューから好きな料理を選ぶことが
出来るのです。二人が食べているのはタイの「海老入りお粥」です。
お昼ご飯1

お昼ご飯2

この頃にはすっかり顔色も良く、食欲も出て、いつものお姉ちゃんに
戻っていました。朝の回診時にお医者さんから「午前中発熱がなければ
午後2時には退院の許可を出します」と言われていて、その通りに
なりました。看護婦さんが点滴を外しに来てくれたのですが、
お姉ちゃんは何故か「外さない」と言うので、点滴が全部終わるまで
そのままにしてもらいました。点滴なんて邪魔だから早く外したい
だろうに...何でだろう?なので点滴をしたまま、トイレの時は自分で
点滴の機械のコンセントを抜き、管が絡まらないように上手に
引っ張って行って自分で済ませ、それ以外は病室と隣の部屋を行き来
しながらちび子とずっと元気に遊んでいました。

仲良し姉妹1

お姉ちゃんは点滴の管で、ちび子はナースコールをおもちゃにして
賑やかに遊んでいました。
仲良し姉妹2

仲良し姉妹3

アルコールのハンドジェルが何故か「王子様」になっていました(爆笑)
仲良し姉妹4

歌って踊って、とても賑やかな病室です(笑)
仲良し姉妹5

そして翌日から二人は元気に久しぶりの学校へ行きましたとさ。
私はと言うと、15日~17日の旅行の荷解きや洗濯物と格闘しながら
家でゆっくり休ませてもらいました。

ところで、ちび太はと言うと、ちび子が手足口病だと分かってから、
ちび太に移ってはいけないので、シッターさんの家で過ごさせて
もらいました。その後、元々2泊3日の旅行中はシッターさんの
自宅で預かってもらう予定だったのですが、シッターさんが急遽
実家のカンチャナブリに帰ることにしたので、そのままちび太も
連れて行き、いつ帰ってくるのかは分かりません(苦笑)。彼女は
現在は無職なので、急いでシラチャに戻る理由はないのです。
いつ帰ってくるのかな~...。ちび太がいないととんでもなく全てが
捗(はかど)り、部屋もさして散らからないし、洗濯物もぐっと減るし、
夜も授乳やおむつ替えがないので楽ではあるのですが、やっぱり
とても寂しいです(涙)。早く帰ってきてよ~!!


そんな訳で、話が前後して申し訳ありませんが、旅行の事は
後日アップします。皆さん、夏バテしませんように。
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

> すごい病室ですねぇ~。いやいや、感心してる場合ではないのです。

私はお姉ちゃんそっちのけで感心してしまいました(苦笑)

> 子供が小さいとき「手足口病」って変な名前の病気だなぁって思ったことがありました。こんな病気、いつごろからあったんだろう・・・?

そう言われればそうですね。いつからこの名前の病気があったんだろう?
hikaruさんのお子さん達は入院経験があるのですね!日本で入院だと
かなり重症だったのではありませんか?タイではちょっとしたらすぐ
「入院して」と言われるので、実際は大したことはないのです。

すごい病室ですねぇ~。いやいや、感心してる場合ではないのです。でもすぐ回復してよかったぁ。おかあさんも大丈夫ですか?
子供が小さいとき「手足口病」って変な名前の病気だなぁって思ったことがありました。こんな病気、いつごろからあったんだろう・・・?子供が病気になると親はうろたえてしまいます。うちのサリーちゃんは入院経験3回、カブは1回・・・。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。