スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイの洪水

タイでも北部・中部に於いて、洪水の被害が拡大しています。
私の住む東部ではいまのところ豪雨や洪水による被害は
見られませんが、該当地区で生産されている商品は工場が
洪水の被害を受けたり、道路が冠水して輸送不可となったりして
品薄状態になっています。

今日は日本大使館から送られた緊急メールを紹介します。
今週から来週にかけて、被害が更に拡大する可能性があり、
在タイ邦人の皆さん、どうぞお気をつけ下さい。


タイ北中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起
                       (2011年10月12日現在)


1.バンコク都内においては、チャオプラヤー川及び運河の
  水位が上昇しており、川沿いの地域においては、一部
  冠水被害も発生しております。また、気象予報によれば
  13日〜18日にかけて高潮を迎えることから、海面潮位の
  上昇による洪水被害の悪化が懸念されております。さらに
  13日〜19日は、雷雨を伴う降水の確率は60〜70%と
  予報されています。

2.つきましては、バンコク都内に滞在されている方は、最新の
  情報を収集し、洪水被害に備え、安全対策を講じて下さい。
  なお、河川等の洪水・氾濫に対する備え及び主な対処方法を
  次のとおりお知らせいたしますので、参考として下さい。

(1)懐中電灯、携帯用ラジオ、カートリッジ式ガスコンロ等を
  手元に置いておくほか、飲料水・食糧を備蓄しましょう。
(2)家族等に緊急時の連絡先を知らせましょう。
(3)河川及び住宅地における側溝の氾濫・洪水を警戒し、事前に
  どこの場所が氾濫・洪水になるか事前に確認し、河川や
  低地での洪水等に警戒しましょう。
(4)事前に避難場所を確認するとともに、必要な場合には安全な
  場所で待避する等の安全対策を講じて下さい。
(5)氾濫した水域の水質はガソリン等の油、生活排水により
  汚染されている可能性があり感染症を発するおそれ等も
  ありますので、氾濫した浸水域への立入・接近は避けましょう。
(6)断線した電線の近くからは離れるようにしましょう。断線した
  電線からは電気が流れている可能性があり、水に浸かった
  電線は氾濫した水域全体に漏電していることがあり感電の
  可能性があります。
(7)高潮時における沿岸部、河川及び運河へは近寄らないように
   しましょう。

3.9日にバンコク都排水・下水局(Drainage and Sewerage Department)
  が発表した洪水リスクの高い都内13区15カ所の概略図を
当館HP上
  (トップページ→海外安全情報)に掲載しましたので参考として下さい。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします
blogram投票ボタン
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。