スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっそりと

8月下旬から誰にも言わないまま、ブログを一般公開
しています。とても残念な出来事があり、ブログを引っ越し
&非公開にしてから早2年、そろそろいいかな~?と思って
一般公開に踏み切りました。お陰様で、日を追う毎に
ブログの閲覧者が増えています。2年前にとある事情で
突然ブログを非公開にしたので、それまでいつも見て
下さっていた殆どの方にご迷惑をお掛けしてすみません。
私が3人目の妊娠・出産と重なり、親しい友人でさえ
連絡が行き届いていなくて申し訳なかったです。

シラチャは良くも悪くも小さな田舎町です。バンコクに
比べると娯楽も少なく、日本の大都会から来られた方には
とても退屈な町に映るかも知れません。でもね、テレビも
携帯も無かった時代、日本の人々はそれ程退屈していたのか、
と問うと、意外にも今以上に毎日が充実していたのでは?と
想像しています。私自身、岡山の片田舎で育ちましたが、
毎日山や川を駆け回り、とても楽しかった記憶があります。
退屈とは一番縁遠い子供でした。なので在シラチャ邦人の
方々に一言。どうか「何もない、退屈な田舎町」という
レッテルを貼らず、まずは自分の足で、肌で、シラチャと
いう町を感じてみて下さい。きっとそこから、今の日本では
決して目にすることの出来ない、素朴で人情味溢れる、
生命力に満ち溢れたタイの人々の生活が見えてくると
思います。「何もない」と言うことは、「何も見えていない」
もしくは「ある筈の物を見ようとしていない」と言うことだと
私は思います。子供が無から様々な遊びを見出すように、
どうか日本人の皆さんも、様々なタイを見出して下さい。
きっと「退屈」なんて吹っ飛んでしまいますよ!
言葉なんて話せなくたって、タイの人はどんどん話しかけて
くれます。どうか恥ずかしがらず、恐れず、相手の懐に
飛び込むつもりでどんどん話しかけてみて下さい。
失敗もあるでしょう。嫌な思いもするでしょう。それでも尚
挑み続ければ、その先にはきっと、愛して止まないタイ人の
生き様が見えてくる筈です。それは今の日本人が忘れかけた、
とても大切なものも含まれていますので、せっかくの海外
(タイ)生活です、そこから皆さんが自ら見出し、学ぶ物が
あれば、きっと帰国後の生活に大きな力となるでしょう。

「そんなの理想論だ!タイ人に酷い目に遭わされた!」と
仰る方もおられるでしょう。けれど、私は幸いにして、今日まで
本当に人に恵まれました。悪しき心を持ったタイ人は、例え
近くにいても、すぐにどこかいなくなり、信頼するに値する
タイ人ばかりが私の周りに残っています。これはこの
6年弱のタイ生活で、何よりの宝物です。最初旦那がタイに
移動になった時、本当に目の前が真っ暗になりました。
でも本帰国が近付いた今、この6年弱を振り返ると、とても
貴重な経験をし、掛け替えのない人達と出会えたことに
感謝の気持ちでいっぱいです。残りそう長くはない我が家の
タイ生活、今日まで周りの人達におんぶに抱っこで助けて
もらいっぱなしだったので、これから少しでも誰かのお役に
立てれば、それが今までお世話になった方々への恩返しに
なると思っています。

タイ語もどんどん中途半端になっていますし、多くの日本人と
行動パターンが異なる私ですが、何か出来ることがあれば、
皆さん、どうぞ遠慮無く声を掛けて下さいね。私が来タイした
時と同様、洗濯ばさみ1つからお世話させてもらいます(笑)



ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: はじめまして

☆メーさんの友人

はじめまして。コメントありがとうございます。
お父様のことは、突然のことで、お気の毒です。
当時メイ先生から少しだけ聞きました。

> しかしその父もシラチャで3年ほど前に急死し、私にとって少し寂しい場所になってしまいました。
> 直後はもうシラチャに行くことはないのかな・・・と思ったのですがやはり一年おきにシラチャを訪れるというサイクルは変えられそうにありません。

シラチャの穏やかな時の流れが、メーさんの友人さんの心を少しずつ
癒してくれたのかも知れませんね。悲しいだけの場所にならないで良かったです。

> 彼女も今は一児の母となり毎日忙しく楽しく育児をしているようです。

メイ先生のお子さんはまだお目にかかったことがありませんが、きっとお母さん似の
きれいな赤ちゃんだと思っています。メイ先生もそのままの、綺麗なお母さんですよね!
結婚後は一度もお目にかかれていないので、本帰国までに一度会えたら嬉しいのですが。

> そろそろ本帰国とのことですが、タイでの洪水でシラチャも品薄と聞きました。
> それでも残りの生活が楽しいものになりますよう日本よりお祈り申し上げます。

優しいお心遣い、ありがとうございます。
一度もお目にかかったことのないメーさんの友人さんですが、こうして私のブログに
コメント下さったことで、何だかもうお知り合いになったような気がしています(笑)
シラチャにお越しの際、もし喧しい我が家をどこかで見かけたら、是非声を掛けてやって下さい。
メーさんの友人さんも、お身体お大事になさって下さい。素敵なコメントに感謝しています。

はじめまして

はじめまして。
以前のブログから読ませて頂いてました。
先日閲覧が可能になっているのを知り、思い切ってコメントさせて頂きます。

私の父はシラチャにもう15年ほど前から赴任しており、一年おきに私もシラチャへ遊びに行き、親しくしていた場所でした。
しかしその父もシラチャで3年ほど前に急死し、私にとって少し寂しい場所になってしまいました。
直後はもうシラチャに行くことはないのかな・・・と思ったのですがやはり一年おきにシラチャを訪れるというサイクルは変えられそうにありません。

それと実はメイさんのタイ語の先生であったメーさんと友人でもあるので、一度コメントを・・・と思っていました。
彼女も今は一児の母となり毎日忙しく楽しく育児をしているようです。(メーさんに横浜のお姉さんと言ったらわかると思います)

そろそろ本帰国とのことですが、タイでの洪水でシラチャも品薄と聞きました。
それでも残りの生活が楽しいものになりますよう日本よりお祈り申し上げます。


こういったコメントをつけることに不慣れなためご無礼があったら失礼します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。