スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大使館からのお知らせ

在タイ日本大使館から緊急メールが届きましたので、お知らせします。
今回の洪水は長引きそうな予感がしますね。シラチャと言うことで、
私は楽観視していましたが、昨夜のブログでお知らせした通り、
シラチャでも買い占めがあり、どこも商品は品薄状態のようです。
でも皆さん、どうか過剰な買い占め(買い溜め)は避け、適切な
情報収集と冷静な判断をしましょう。


タイ在留邦人の皆様へ

        【大使館からのお知らせ】
                     緊急一斉メール

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


タイ北部・中部及びバンコク都における降雨・洪水被害に
関する注意喚起 (2011年10月24日現在)

1.降雨・洪水被害に関する注意喚起については、累次「大使館
  からのお知らせ」におきまして発出しているとおりです。河川の
  氾濫及び洪水被害はチャオプラヤー川下流のバンコク都に
  向かって拡大しています。

2.23日夜、スクムパン・バンコク都知事は、パトゥムタニ県
  ランシット地区の大量の水がバンコクに流れ込んでおり、
  バンコク北部で水を溢れさせ、水位が早いテンポで上昇している
  と説明した上で、都が周辺状況の計測指標から状況を評価した
  ところ、当面影響を受ける地域は、ドンムアン、ラクシー、
  バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区であることから、
  これらの地域の住民は家財、自動車その他を高い場所に移すと
  ともに、生命及び家財に危険な地区に住む住民は、都が準備する
  避難施設に移動して欲しいとの声明を発表した。更に都知事は、
  住民に対しパニックにならないよう求め、都は政府とともに状況の
  改善と住民保護に今後24時間体制で取り組むので信用して
  欲しいと述べ、都は持てるすべての能力、移動チーム、緊急及び
  医療チームユニットを動員して、住民に助言を行っていくと述べた。
○バンコク都発表(英文:http://www.bangkokgis.com/flood/
  (本文下部に仮日本語訳)

3.つきましては、最新情報の把握に努め、ドンムアン、ラクシー、
  バンケーン、ジャトゥチャック、サイマーイ地区の増水に注視する
  とともに洪水被害のおそれがある場合には安全な避難場所の
  確保等の具体的な安全対策を早めに講じて下さい。 



一日も早い終息を願っています☆
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。