スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めのドライフルーツ

辛い物が全くダメな私ですが、基本的に食べることは大好き
なので、何か珍しい物や美味しそうな物を見ると、辛そうで
なければとりあえず食べてみることにしています。

そんな私がお薦めするドライフルーツがこちら↓
ドライフルーツ1

見た目はランブータンかココナッツの果肉に見えますが、
タイ語で「ルーク・チ」と言う、ココナッツに似た果物です。
味は...殆どありません。食感はグミみたいに柔らかいです。
すごくおいしいって訳ではありませんが、あればついつい
つまんでしまう、そんな食べ物です。1kg100Bくらいです。

そしてもう一つがこちら↓
ドライフルーツ2

これ、何だか分かりますか?初めて見る人は果物だとは
思わない人が殆ど。でもこれ、タイ語で「マムアン・ペン」と
呼ばれる、マンゴーを煮たものを平らにして干した物です。
味は砂糖入り・無しがあり、砂糖無しでもマンゴーそのものの
甘みが強いものと酸味が強いものがありますので、買う前に
味見をさせてもらうと良いでしょう。大きさは一口大のものから
これよりもっと大きい物までそれぞれ。食べやすいのはやはり
一口大のものでしょうね、写真手前の様に1枚は薄っぺらく、
それを重ねて売っているので、くっ付いていて、剥がすのが
ちょっと大変です。ちなみに写真のものは先日バンセンで
買ってきたのですが、500gで80Bでした。食感は「干し柿」
みたいかな?砂糖無しのものを買いましたが、今まで食べた
中でダントツの酸っぱさでした!でも癖になる味です!
ちなみにこれを食べるとお通じが良くなるそうですので、
子供が食べる時は食べ過ぎに注意!

タイに来るまではドライフルーツは嫌いでした。でも果物を
味付けせず、そのまま乾燥させたも(実際は半生みたい)を
食べてから、「ドライフルーツはおいしい」と知り、最近では
あれこれ買って食べています。生で食べる果物とはひと味
違って、栄養価も高くなっている筈なので、皆さんお試しあれ。


最後に、洪水の影響で、シラチャでも特にスナック菓子が
品薄状態だそうです。でもこんな時こそ、タイのお菓子を
食べるチャンスだと思うので、皆さん是非タイのお菓子を
お子さんと一緒に食べてみて下さい。すご~く甘いものも
勿論ありますが、例えば茹で&焼き&揚げトウモロコシに
バナナにサツマイモ、ルーグチン(つみれの串焼き&茹で)、
タイのその辺で売られているスナックっぽいお菓子、タイの
お汁粉、カオニャオ、その他驚く程沢山の種類があります。
甘いもの、辛いもの、酸っぱいもの、素朴な味ものも、
同じものでもお店によって味は違うので、この機械に是非
色々試して見て下さい。案外身体に良いものもあるし、
何よりタイを肌で、胃袋で感じることが出来ますよ♪
6年近くタイに暮らして感じるのは、その土地で採れたもの、
作ったものを食べるのが、その土地で暮らすのに一番
適しているのだということです。お水もそう。その土地で
暮らす為に必要な成分があるので、遠い外国から輸入の
ミネラルウォーターよりタイの飲料水を飲むことをお勧め
します。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: 添加物は開示されていますか?

☆うなさん

はじめまして。コメントありがとうございます!

> 防腐剤や酸化防止剤 はたまた甘味料の種類や着色料について開示されていますか?

そういうものは、スーパーやコンビニ等で売られている、袋詰めされたものには表示されているかも知れません。私が買う屋台では、大きなビニール袋にどさっと入っているもの、もしくはバットに並べられたものを量り売りしているので、砂糖や着色料の有無はお店の人に聞けば、入っているかどうか答えてくれるでしょう。防腐剤は...どうでしょうか?タイ人は何週間も保存する様な感じではなく、買ってすぐに食べてしまうでしょうから。何でもそう。その辺の屋台で売られているものは長期保存には適さない、いや、タイ人はすぐに食べてしまうので、何日も置いておかないのです。

> 日本で購入できる添加物フリーのドライフルーツは安くないうえに種類がイチジク、柿とレーズンくらいしかありません。マンゴーとプルーンはセミドライのものしか手にはいりません-----

輸入品だと輸送料と関税等がかかるので、値段は高くなるのでは?例えばナッツ類も、こちらで買えば、日本で買うより高くはないし、日本で食べるよりも新鮮で、豆の味がしっかりしますよ。マカダミアナッツやピスタチオ等も殻付きで買えば、びっくりする程味の違いが分かります。

「セミドライ」と言うのは初めて耳にしました。私がブログで表現した「半生タイプ」のようなドライフルーツのことでしょうか?でしたら、タイで売られているのはセミドライのフルーツが殆どです。甘いものが大好きなタイ人なので、砂糖が使われているものが多いですが、探せば砂糖無しのものもあります。私は元々ドライフルーツには疎いので、上手く説明出来なくてすみません。

添加物は開示されていますか?

ドライフルーツは製造過程で傷みやすいと思いますが、防腐剤や酸化防止剤 はたまた甘味料の種類や着色料について開示されていますか?

日本で購入できる添加物フリーのドライフルーツは安くないうえに種類がイチジク、柿とレーズンくらいしかありません。マンゴーとプルーンはセミドライのものしか手にはいりません-----
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。