スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆくシラチャ

シラチャに住んで約6年、良くも悪くも変わっていくこの町。
時には驚き、時には感心し、そして時には寂しく思う
今日この頃です。バンコクからすれば「垢抜けない町」
だけど、6年前と比べれば、随分小綺麗になりました。

今日はそんなシラチャの町並みの一部をご紹介します。
シラチャを去って3年以上経つ方には新鮮かと思います。

まずは先日ブログでご紹介しましたが、ロビンソンと
スクンビットの間に歩道橋が出来ました。これが出来た
お陰で、スクンビットの車の切れ目を見計らって渡る
必要が無くなったので、一見「良かったじゃない!」と
思われるでしょうが、これがタイらしく、手作り感溢れる
歩道橋で、これはこれで結構スリルがあります(苦笑)

歩道橋1

まず、気をつけて階段を上らないと電線に当たること!
無計画で作られたので、あの大量の電線が歩道橋の中
を通っているのです!(*写真は後日撮れたらアップします)

そして写真では分かりづらいかと思いますが、階段1段1段が
高さ、角度、大きさ等が全て違うので、一部
子供は手を使って這い上がる様にしないと上がれない程
段差が大きいので、要注意です!
歩道橋3

そして歩道橋の幅が非常に狭いので、人と
すれ違うのもやっと!前からも後ろからも人がやってくるので、
ゆっくり歩いていると迷惑だし、かと言って急ごうにもこんな
階段なので、子供は足を滑らせたりして危ないので、
子連れで渡るには本当に危険な歩道橋です!でもガソリン
スタンド前の道路は柵が置かれ、歩行者は渡れない様に
なったので、歩道橋を渡る以外は、アサンプション側の
交差点まで行くしかないのです。う~ん、迷惑だ~!!
歩道橋2

さて、最近ロビンソンとパシフィックの間に横断歩道
出来ました。1~2年前に白黒の縞模様で横断歩道が
書かれてはいましたが、そもそもタイに「横断歩道」なんて
ものは皆無なので、殆どのタイ人はその意味が分かって
いなかったのでは?そして月日が経つにつれ、横断歩道は
徐々に色が薄くなり、同時に存在感も薄らいでいきました。
(そもそも存在感ゼロに近かったもんね)

ところが、そんな横断歩道が復活!
今度はしっかり存在感があります!
横断歩道

パシフィックの角のセブンは、周辺がバイク置き場と
化していて、場合によっては完全に歩道が塞がれて
いるのですが、そこにもこの様に柵が置かれ、歩道が
確保されています!やるじゃん!ってか、たった
これだけで済むなら、もっと早くやってよね!(怒)

最近ではカラオケ(普通じゃないよ)やスナック等の
所謂「夜のお店」が急増!普通の居酒屋が閉店し、
その後に普通じゃない飲み屋が出来るパターンが
多くて、健全なお店を探すのが一苦労なんです(苦)
この写真は今のシラチャソイ4。電光掲示板が
光って写っているのはほぼ全て「不健全なお店」です。
ソイ4



ナイトマーケットは相変わらず賑わっています。
この日は木曜日で「衣料品の日」です。
ナイトマーケット1

本帰国された皆さん、懐かしいでしょ?ここは相変わらずです。
ナイトマーケット2

.....と言いたいところですが、ナイトマーケット周辺はこの様に
高層アパートが建ち並んでしまいました。
ナイトマーケット3

ナイトマーケットの向かいにあったタイ人向けのディスコは
ストリップ劇場に変わり、写真では紹介出来ないような
不健全な外観になってしまいました(汗)

これからどんな風に変わっていくのでしょうか?
私としては、出来るだけ変わらないでいて欲しい、と願う
ばかりです。だってシラチャの魅力は「垢抜けない、田舎
臭さ」の中にこそあるのですから(笑)

私がシラチャに来たばかりの頃、「シラチャのバイブル」的
存在だったのがこちら↓
タイは今日も海色―田舎町シーラチャー、のんびり暮らしタイは今日も海色―田舎町シーラチャー、のんびり暮らし
(2005/07)
坂本 京子、佐藤 右志 他

商品詳細を見る


この本に書かれてあるように、タイの魅力はゆっくり
じんわり浸透していく
のだと思います。だから
1~2年ではシラチャの魅力は染み込んで来ないのです。
シラチャの時間の中で、タイ人の息づかいを全身で感じ
ながら数年経って気付いたら「あぁ、自分がシラチャの
海色に染まっている」んですよね。時にはタイ人に腹を
立てたり、呆れることもありますが、それでもやっぱり
どこか憎めないのがタイ人なんです。


ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。