スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブータン国王

半年程前にネットで目にした表現に、どうしても違和感を
感じる私。それはブータン国王のことです。皇太子時代から
マスコミでイケメンと称されているのを何度も目にし、
私としては

「仮にも一国の皇太子をそんな俗っぽい表現でマスコミが
 堂々と報道して良いのだろうか?」

と疑問でならないのです。しかもこの度の来日では皇太子
ではなく、ブータン国王として就任後初来日、しかも
国賓として来日されているにも拘わらず、あまりに失敬な
報道ぶりなので、正直言って不快でなりません。新聞の
記事はまだ読んでいませんが、インターネットの記事では
ブータン国王に関する記事では敬語が一切
使われていない
と言うのはどういうことでしょうか?

「本日ブータン国王夫妻が来日しました

ではなく、

「本日ブータン国王夫妻が来日されました

と報道されるべきではありませんか?
いつから日本のマスコミはどこぞやの映画スターと一国の
国王を同じ扱いにするようになったのでしょうか?これは
日本人として礼節に欠ける、とても恥ずべきことだと思います。
こういうところでその国の民度が知れると言うものです。
国際社会という大舞台で日本が諸外国と対等に渡り合って
行こうとするのなら、こういう細部にこそもっと神経を注ぐべき
ではないでしょうか?細部にきちんと配慮出来るなら、一国の
大事にはきっと日本は迷いのない態度で対処出来る筈です。
国の大小に拘わらず、相手に敬意を払い、平等で対等な外交を
するのが本来の日本の外交だったと思います。

ま、元々私はこの「イケメン」という表現が好きではない、と言う
のも違和感を感じる大きな要因かも知れません。マスコミが呼ぶ
「イケメン」と言う男性の大半が「え?!」と思う顔立ちだから(苦)
(でもこれは完全に「好み」の問題ですよね)
一昔前に流行った「ダンディ」と言う言葉には、外見だけでなく、
その人の内面も含んでいたのに、「イケメン」に関してはそれが
無いですよね、きっと。何にでも「イケメン」って付けとけば注目
してもらえる、と言うような安易な使い方がこの言葉の「軽さ」を
強調しているように思えます。今は何でも「軽さ」がうける時代
なのでしょうか?確かに体重と負担と病気は「軽い」に越したこと
ないですけど、それ以外はもう少し「重み」も必要かと...。



最近微熱の影響もあってか、とぼけた内容続きだったので、
久しぶりにちょっと真面目な内容を書かせてもらいました。
この記事を読んで、日本を想うきっかけになったと言う方、
下記ランキングバナーのクリックをお願いします↓
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。