スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違うんだってば!

私の住むアパートでは、金曜と土曜の夕方5時~夜遅くまで
アパートのバスでシラチャ市内への送迎サービスがあります。

ある日のこと、金曜日の5時過ぎにQキッズで居残りしている
ちび子&ちび太を迎えに行こうとロビーに下りると、丁度
アパートのバスが停まっていたので、「今バスが使えますか?
使えるならQキッズに子供を迎えに行きたいのですが」と
レセプションのスタッフに言うと、「今ドライバーを呼ぶから
ちょっと待ってて」と言われ、待つこと10分、ドライバーが
やってきて「どこ行くの?」と聞かれたので、「Qキッズ」と
言いながらバスに乗り込むと、後ろから同じアパートの
日本人に声を掛けられました。

「ちょっと待って。私達5時過ぎにバスを予約してたんだけど、
 あなたは何時に予約してたの?」


「え?そうだったんですか?私は予約はしていなくて、ただ
 バスが空いているなら使わせてもらおうと思っただけです。
 先約があるのは知らなくてすみません」

と言い、慌ててバスを降りました。その方は事前に5:10に
予約を入れていたのに、ドライバーがなかなか現れず、やっと
ドライバーが来たと思ったら、私が先にバスに乗り込もうと
したので驚いて声を掛けたそうです。なので彼女に何の罪も
ありませんから、彼女が

「本当にごめんね~!」

と何度も謝る必要はないのです。本来謝るべきは、バスの
先約があるにも拘わらず、それを私やドライバーに伝えず、
私に「バスを使っても良いよ」と言ったレセプションのスタッフ
なのです!

この時点で時計は既に5:25。

「じゃあ○○さんと一緒にバスに乗って、先に○○さんを送って
 から私をQキッズに送ってもらってもいいですか?」

「実はもう一組、5:30にバスを予約している人がいて、その人と
 一緒に乗っていくから、もういっぱいなの。ごめんね~!


「謝らないで下さい。私が後から来たのですから。私はトゥクで
 行くので、どうぞお気になさらずに」

状況を何となく感じ取ったドライバーは

「この人達を送り届けて急いで戻って来て、あなたをQキッズに
 送っていくから、20分待っててくれる?」


と言ってくれたのですが、これから更に20分待ってQキッズに
迎えに行ったら、6時になってしまう!大体金曜日の夕方、道は
普段以上に混むのは必至なので、20分でバスが戻ってくるとは
到底思えない私は

「ありがとう。でもトゥクで行くから。気にしないで。
 あなたのせいじゃないから。間に合わないから、もう行って」

と言って、トゥクを呼んでもらい、待つこと15分、やっとちび達の
お迎えに行ったのでした。


ちび達を連れてアパートに戻った私は、レセプションのスタッフに
事の経緯を話し、

「バスの先約があるなら、後から来た人には『先約があるから
 ダメだ』と伝えないといけないでしょ?それに○○さんは予約した
 時間より15分も送れて出発したんですよ。間に合わない
 じゃない!」

スタッフ(きょとん)

「いや、だからね、予約が入ったら、事前にドライバーに伝えて
 おくこと、誰かがバスを使いたいと言ってきたら、その時間に
 予約があればお断りするか時間を変更してもらうこと、分かった?」

スタッフ二人、お互いに目配せして

「そういうことはドライバーに言ってもらえるかな?
 今ドライバーに電話してあげるから」


「違う違う!ドライバーは分かってるの!分かってないのは 
 あなた達の方よ!」

スタッフ二人、顔を合わせて首をかしげながら

「とにかくドライバーに言って」

そう言って一人がドライバーに電話し始めたので

「電話せんでいいんだっちゅうの 分からんやっちゃな~

このスタッフ達、一人は新人でもう一人もまだ数ヶ月の新人なので、
仕事は殆ど出来ないのは仕方ないとしても、全く話にならない
久しぶりにタイ人に怒りを覚えた私
だから私は半年程前からドライバーの携帯電話の番号を聞いていて、
直接ドライバーに電話して聞くことにしているのです。でもこのことが
オフィスマネージャーにバレて、ドライバーから

「悪いけど、レセプションを通してバスを頼んでもらえる?」

と言われ、規則を破ると彼が上司であるマネージャーからお叱りを
受けるので、仕方なくレセプションを通すことにしたのだけど、この
失態.....今まで何度レセプションのスタッフにしてやられたことか!
そもそも日本では新人が入ると、先輩が一通り仕事を教えてくれ、
時には一般常識も教えてくれるから、仕事がスムーズに行くだけ
ではなく、職場の人間関係も円滑になるのですが、タイでは基本
そういうのはありません。「自分が得た知識は自分だけのもの!」
仕事のコツやアドバイスは一切しないのです。だから新人が入る
度に仕事に支障が来すのですが、皆「私知らな~い」のです

ま、そういう国民性なので、仕事そっちのけで長時間子供を
可愛がっていても誰も何も言わないので、そう言う時は勝手だけど
「有り難いな~」と思う私なのです

それにしても、外国でのこういう事情を知れば知る程、「日本は
素晴らしいな~!」と、日本では当たり前のことが身に染みて
感謝感激雨あられになるのです

日本の皆さん、電車が2~3分遅れても、そんなの気のせい
です!宅急便が午前中指定なのに午後に持ってきたとしても、
自宅まで届けてくれるだけでミラクルです!店員さんが
「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」と笑顔で挨拶して
くれるだけで幸せです!お店が開店時間通りに開店する=
接客可能状態なのはアンビリーバボーです!

最近テレビで「外国ではこんな政策をしていて素晴らしい。
日本はもっと外国を見習うべきだ」とのたまわる自称「国際人」
が時々見られますが、そういう人に言いたい。

自国(日本)の素晴らしさを正しく
語れてこそ真の国際人なんだよ



最後に、ずっと体調が優れないので、健康な時以上に精神的に
余裕が無くなっているので、今日はタイ人に毒を吐いてしまい
ました。結局はその人の「受け取り方」次第で良くも悪くも変わる
ものなんです。日本人が「非常識」だと思っても、タイ人には
それが「普通」なんですね。なので外国では日本人は「自分が
思う何十倍も広い心」でやっていかないといけないのです。
なので日本人が海外で働くと言うことは、日本では当たり前
過ぎて磨かれない部分を「これでもか~!」と磨く為の、完全な
修行の場なんだ、と思えば合点がいくと思います。
但し、タイ人女性を買いにやって来る国辱日本人には、非常に
残念ですが、ただただ日本の恥を晒しまくるだけで、その他
大勢の「修行僧(日本人)」にとっては迷惑千万なので、
外務省は今すぐ彼らの旅券を剥奪すべきだと思います。


「NO MORE 国辱に賛同いただける方はクリック願います。
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

☆ひろえさん

こちらこそ、ご無沙汰しています。相変わらず精力的に活動されている様子を
ブログで見させてもらいながら、「私もに習わなくちゃ!」と思うだけの
今日この頃です(苦笑)

お姉ちゃんワールドは奥が深いですよ~!
是非一度迷い込んでみて下さい(笑)

> 私、今度、お姉ちゃんマッサーに行きたいです。

お姉ちゃんに「お客様が予約をお願いしていますが、いつがあいてますか?」
と聞くと、「マッサージはもう閉店しました」と言われました(苦)
ごめんね~(汗)

ちなみに今営業中のお店は「喫茶店」です♪
メニューがなかなか面白かったです(笑)
お姉ちゃんはヤクルトを今も「ヤックルッ」と書きます(笑)
タイ語のヤクルトを知らない人には「何じゃこれ?」ですよね~(苦笑)

ご無沙汰でした~
くらげのうた
いなごが死んだ・・・
お姉ちゃんワールド、素敵です。
私、今度、お姉ちゃんマッサーに行きたいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。