スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟の散髪

今年の4月にショートボブ(この言い方はもう古いのかな?)
みたいな髪型にしてから早8ヶ月。伸びに伸びて肩下15cm
くらいになり、ずっと一つにまとめているのですが、ここの所
毛先が跳ねまくって汚くてどうしようもなかったので、今朝
日系美容院HALUに電話して、日本人の美容師さんは
今週末は予約でいっぱいだったので、タイ人の美容師さんを
お願いして、早速髪を切りに行ってきました  
ちなみに前回の散髪の様子はこちらです。    

タイ人の美容師さんを選んだ時点で、

  「何があっても自己責任」

と言う覚悟でしたから、どうなっても

  「これで良しとしよう」

と決めていました。

いざお店に着くと、髪の長いタイ人のおばちゃん美容師さん
(おばちゃんと呼ぶにはまだ40代前半かと思われます)が
迎えてくれて、すぐに1階でシャンプー&カットしました。
ちなみに日本人美容師さんは2階なんです。
このおばちゃん美容師さんはとても人の良い方でしたが、
私の直感で「どこか頼りない」気がしました
でもここまで来たら、まな板の上の鯉

  「え~い、ままよ!」

と思い、まずはシャンプー台へ。シャンプーの前に彼女は

「シャンプーの時のお水は熱いの、ぬるいの、冷たいの、
 どれがいい?」


と聞かれたので、

「ぬるいのでお願いします」

と言うと、気持ちぬるいお水で流してくれました。


シャンプーが終わり、

「どのようなカットにしますか?」

と聞かれたので、ヘアカタログを見せてもらいました。
彼女は私の今の髪の長さとそれ程変わらないくらいの
ヘアスタイルをしきりに勧めてきます。でも私は「もっと
短くしたい」と言い続け、色々悩んだ末、候補を2つに搾り、
彼女に候補の写真を見せていくつか質問しました。

「この髪型だと、カットだけじゃなく、パーマもかけないと
 ダメですよね?」

「ああ、そうね。パーマもしないとダメね」

「カットとパーマ2種類すると、時間はどのくらいかかりますか?」

「カットとパーマだと...う~ん...2時間はかかるわね」

「そうですか...」

2時間は長いかな~?と思ったけど、どうせ滅多に来ないの
だから、と言うことで

「では、これでお願いします」

と指さしたのは、襟足が出るくらいのショートカットで、サイドは
ふんわりパーマがかかっていて、後ろに少し流れる感じの、
何て呼んだらいいのかな~?私が実際に選んだものとは
若干違うものの、大体こんな感じです。でも彼女は

「え~!こんなに短くするの~?もったいな~い!
 こっちじゃダメ?こんなに切ったら髪がもったいないわよ!」


と言うも、

「いえ、こっちの髪型でお願いします」

ときっぱり答えると

「分かったわ。これね」

と言い、彼女は私からヘアカタログを受け取るや否や、写真を
チラッとも見ず、すぐに元の場所に戻した
のです!

「短くすればいいのよね?」

「ええーっ!もっと写真み見とかなくていいの?
 もっとさ~、写真を見ながら頭の中でイメージ
 するとか、本を側に置いて、時々写真と比べ
 ながら切るとかしなくていいの~??」


内心不安を覚えつつ、「これくらいのことで怯んではいけない!」と
自分に言い聞かせて、いざカットへ!最初予定の長さより少し長目に
荒切り(と言うのかな?)して、そこから写真と同じ長さに切り揃えて
行く筈なんだけど.....荒切りの時点で写真よりかなり短く
なっている
のは気のせいか?パーマもかけるんだから、
その分更に長目に切らないといけないんじゃないの?

そんな私の不安なんて全く知らない彼女はさっきあれだけ
「もったいない」と言っていたくせに、いざハサミを持つと、
躊躇いもなくジャキジャキ切っています そして切りながら
またもやおばちゃんは私に話しかけてきます。でもあれこれ
聞いてくる割には、こっちが答えてもさして反応なし 
私は彼女のどうでもいい質問に答えている場合じゃなく、
とにかく頭の中は

「最終的に私の髪は一体どうなってしまうのだろう!?」

と言う不安でいっぱいなのです でもじたばたしたって
しょうがない。これも覚悟の上の散髪なのだから!

カットが始まって30分が経った頃、私の頭は
高校バレー部そのもの!

「あれから20年経った今頃、高校バレー部になるとは...

人にも寄るでしょうが、40に近い私に、高校バレー部たいな
髪型はある意味罰ゲームか何かにしか見えません
けれど、容赦なく切られた髪は、もうパーマもかからないくらい
短くなっていて、修正不可能

そして最後の30分くらいかけて、ひたすら髪をすいて
いきます
。私は髪の量が多いのですが、髪をすくのが
嫌いな為、殆どすいていなので、彼女は必至でハサミを
入れるも、切っても切っても髪の量が減らず、段々疲れが
出て来たのか、「は~」とか「ふ~」と言いながら一生懸命
すいてくれました。その甲斐あってか、何とかなりました

シャンプー&カット(途中10分程髪型選びもしました)で
丸1時間半かかりましたが、彼女のカット技術は
結構高いと思いました。ただ私が指定した髪型
にはしてもらえなかった
のが残念でした
日本人に比べると、カットのスピードは遅いものの、タイで
美容学校に通い、タイ人の先生に習った後、日本から来た
日本人美容師の先生に1年習ったそうで、彼女曰く

「私はタイ人と日本人両方の先生から習ったから、タイと 
 日本、両方のスタイルのカットが出来るのよ」


恐らくこの言葉に嘘はないと思います。今回の敗因は
客の要望をきちんと聞かなかったこと
であり、これは技術云々ではなく、彼女の性格
因るものだと思います。


そんな訳で、旦那よりも短い髪になって帰宅した
私を見て、お姉ちゃんに

「お母さん、髪だけ男になったみたい」

と言われました



そんな私に励ましのクリックを~~~!
blogram投票ボタンにほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re: タイトルなし

☆hikaruさん

楽しんでいただけたようで、良かったです。

> 思い切りましたねぇ。

はい、そういうつもりはなかったのですが...(苦笑)

> でもその髪型で慣れてない日本の冬は寒いかな・・・。
> 暖かい時期の帰国を祈ってます(爆笑)

あぁ、そうでした!日本は寒かった!!
こちらは日中は暑いので、外を歩くと襟足が焼けて暑い(痛い)です!
せめて春までタイにいたい...(涙)

Re: タイトルなし

☆ひろえさん

私を見かけたら、是非爆笑してやってください(苦笑)
もうこうなったら笑ってもらうしかないのです!

朝から「笑い」をありがとう!思い切りましたねぇ。まぁ、髪の毛は伸びる・・・。でもその髪型で慣れてない日本の冬は寒いかな・・・。暖かい時期の帰国を祈ってます(爆笑)

めちゃくちゃ笑えます。
笑いが止まらないよー。
見たい!!!会いたい!!!
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。