スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブーディスト・レントの日

今日は「カオ・パンサー」(入安居)というタイの祝日になります。この日から3ヵ月間、
10月のオーク・パンサー(安居明け)の日まで僧侶は外出を控えて寺院にこもり、修行に
専念します。タイではこの日、多くの短期修行僧が仏門に入ります。尚、タイでは仏教関連の
祝日や王様関連の行事や祝日、選挙の投票日とその前日などは、タイ全土で酒類の販売が
禁止され、食事の際にはレストランで酒類を一切、注文する事が出来ません。でも日本料理屋
(主に居酒屋)では除外されるようです。

さて、昨日は祝日と言うことでお休みしている屋台が多く見られましたが、今日はお昼ご飯を
コンドのすぐ近くの通称「小屋」と呼ばれるタイ料理屋さんへ買いに行きました。
お休みかな?、と思ったらやっていたので、今日は今まで頼んだことのないメニューに
挑戦してみました!今思うと何でそんなことをしたのか自分でも理解できませんが、今日は
ヤムウンセンというシーフードと春雨のサラダを注文しました。実は過去に数回
ソムタムという四角豆のサラダを食べたことがあります。でもそれは子供が一緒だったので
辛さを抑えてもらっていましたが、それでも私にはかなりの辛さでした。小屋のヤムウンセンは
「あなたには無理な辛さよ」と以前言われていたし、私は辛いものは食べる気は全くないの
ですが、今日は何を血迷ったのか食べてみました。

ヤムウンセン


最初の一口...うう、やっぱり物凄く辛い!

それでも頑張って二口...三口...ひょえ?!!

休憩を挟みながら、バミーナーム(タイ風ラーメン)を食べながら、「これはとても
おいしいんだ!」と自分に言い聞かせながら、4分の1食べた時点で口の中が辛いのを通り越して
痛くて死にそうで、ついにギブアップ!!...って言うか、頑張る必要は全くなかったんだけど雫

ここ数日夜も物凄く蒸し暑くて、暑さにやられたのかしら?今度頼むとしたら唐辛子を入れないで
もらいます。でもそれだとヤムウンセンじゃないよな?ほえー
お子様以下の私の舌がタイの辛さに慣れることがあるのでしょうか!?




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。