スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやら

いつものメイドさんは辞めてしまったらしいです。娘が毎朝日課にしているランドリーを
メイドさんに手渡し、それからしばらくメイドさんの靴を履いて廊下を歩き回ったり
メイドさんの仕事のお手伝い(本当は邪魔)はもう出来なくなってしまいました涙ぽろり
お掃除はちょっと下手だったけど、人柄は明るくきびきびしていて、何より子供をかわいがって
くれていたので私も娘も大好きだったのに...残念ですしょんぼり
代わりに来ているメイドさんも決して悪くはないし、お掃除もちゃんとしてくれているのだけど、
まだ慣れないせいか、私も娘も気を遣っています。

タイではすぐに、そして簡単に仕事を辞めるので長続きしない場合がとても多いです。
1バーツでもお給料の高いところがあればそっちへ行く、と言う場合は勿論ですが、
そうではなくて、お給料は今までよりぐっと下がるけど例えばトゥクトゥクのドライバーに
なってみたり、何か商売を始めてみたり...奥さんがいて、子供がいて、養わないといけない
立場のお父さんでも、ある日突然転職します。転職するならまだしも、失業してそのまんま
しばらく(当分?)ふらふらしている...なんてのもよくある話しです。これは私の見解ですが、
南国で年間通して気候や気温の変化がない国に生まれ育ったら人間は「努力」「礼儀」「勤勉」
「誠実」「情緒」「忍耐」「正義」と言ったものは身に付きにくいのではないかと思います。
日本に住んでいると春夏秋冬という四季があり、常に変化があります。この変化が脳や身体、
そして心を鍛え、育てるのにとても重要だからです。タイ北部は別として、タイでは
極端な話しをすると、家が無くても着る服が無くても年間を通して日本の「夏」なので
生きていけるのです。そして何事においても「マイペンライ(気にしない)」の精神なので、
その日一日暮らせたらそれでよいのでしょう。その日食べる分だけお金があればそれでいい。
「ゆるゆる生活」とでも言いましょうか、そういう感覚です。だから私達外国人が暮らしやすいの
かも知れません。良い意味でも悪い意味でもタイの最大の特徴が「ゆるゆる」なのです。

そう言う私も最近生活が緩み始めています雫 身を引き締めるべく来週から
タイ語を習うことにしました。そして来月からはタイ料理を習います。読みたい本も少しずつ
読んで、脳が緩み過ぎないように頑張るぞ?!



関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re:お手伝い(08/19)

>ただままさん

>お手伝いさんがいると家事が楽だけど、たいへんなことも多々あるんでよね~

>精神的に疲れますよね

 

物が無くなるのはとても気持ちが悪いです。どうしても家族以外の人を疑ってしまいますし、そんな自分を嫌になったり...。やっぱりある程度は諦めるようになります。貴重品や大切な物は管理をきちんとするようになりますしね。日本でも、日本人のお手伝いさんだってなかなか思うように掃除や洗濯をやってもらえませんからね~。

りんさんへ その2

>りんさん

>シラチャーという片田舎にいるからこそ、見えない部分も多いかと思います。バンコクの中流階級以上はお金持ちが多いですよ、日本人なんかより。ベンツ、BMが売れる、売れる・・。

私はバンコクはタイの中で特異な街だと思います。勿論シラチャも。平均的なタイの街ではありませんよね?外国からの物、お金、人が相当数入ってきていますから。



私はタイ人を悪くだけ言うつもりはなく、だから「良い意味でもゆるゆる」と書いたのです。細かいことも、中くらいのことも「マイペンライ(気にしない)」という考えに救われることもあるからです。そしてもちろんりんさんが仰るとおり、「タイ人と日本人は持ちつ持たれつ」だとも思います。



私の文書が拙かったことと、内容が十分ではなかったことで、りんさんには不愉快な内容にうつってしまい、がっかりさせてしまったことは私の反省点です。

ただし、このブログは「シラチャをベースに、私の目に映るタイをありのまま伝える」がモットーです。私のタイでの視野はこれからどんどん広がる(広げる)ので、より広く、より深く、より正確なタイの情報を伝えられる様頑張ります!良かったらこれからもこのブログを覗いてやって下さい。そして今回のように私の文章で間違いや過不足があれば、コメントで指摘してもらえると有り難いです。

Re[1]:どうやら(08/19)

>りんさん

コメントの前半部分はタイに転勤になった日本人のことを言っているのでしょうか?でしたらうちの旦那は「来たくもないないタイに来た」一人ですよ。そして日本では家にいる間は会社の話しを一切しなかったけれど、タイでのストレスは相当なのでしょう、会社のことをあれこれ話すようになりました。それからタイも日本も民主主義国家なので、会社の中で社員の能力に応じて格差が付けられるのは当然のことだと思います。ただし、会社が評価を正しくしていなければ問題ですが。起業精神は良いですよ。私が言いたいのは安定した収入を捨てて起業する場合、日本の父親とタイの父親では転職までの葛藤ぶりが違う、と言いたかったのです。



>「礼儀」、親を敬ったりするのは日本人以上ではないでしょうか?

どんな少ないお給料でも必ず親に仕送りをしている、という話しは知っています。そして娼婦のお姉さんが仕送りのために働いていることも聞きました。



ちょっと極端な書き方だった、と改めて読み返して自分でも思いました。私もまだタイへ来て半年、タイ語もこれから勉強するのでタイとタイ人のことはまだまだ未知の部分が多いと思います。ただ、私がこの日の日記で書きたかった内容は、「良い意味でも悪い意味でもタイという国はゆるゆるな部分が特徴的だ」ということです。「バンコク週報」やフリーペーパーに書かれてあるタイ国内のニュースを踏まえて、宗教が強く根付いている国にも拘わらず、目を覆いたくなるような性的犯罪の多さ、殺人の短絡さ、政局の混乱ぶり、収賄贈賄で腐敗している各公的機関、そして混血児の増加...詳しいことは話せませんが、旦那の働く会社でも不可思議な事件が起こり、「命と隣り合わせの職場」という言葉も大げさではなくなっていますしね。

お手伝い

 たいへんですよね

タイ地方在住の方もお手伝いはいい人なんだけど、前借をしてくるとかフィリピンの在住の方は家の物がなくなるだけでなく、子供のおもちゃまでなくなるから奥さんが日本に帰るって

お手伝いさんがいると家事が楽だけど、たいへんなことも多々あるんでよね~

精神的に疲れますよね

Re:どうやら(08/19)

私もあまりタイ人は好きではありませんが、でも釈然としない内容が多いのでコメントしました。

会社と言う組織から離れられず、自立も出来ず、上からしてみれば、「使える人間」「使えない人間」分けられて働いている人たちをどう思いますか?会社の命令で来たくもないタイに来た人も中にはいるはずです。起業精神に溢れている人種も評価できると思うのですが・・。

「礼儀」、親を敬ったりするのは日本人以上ではないでしょうか?「ワイ」にしてもそうです。管理人さんは、あまり良いタイ人を見ていないのではと不思議に思う事ばかりです。それから、大学生に限って言えば日本人の学生よりもはるかに勤勉。「正義」にしても、宗教心が強い為、ひょっとしたら・・って思います。

シラチャーという片田舎にいるからこそ、見えない部分も多いかと思います。バンコクの中流階級以上はお金持ちが多いですよ、日本人なんかより。ベンツ、BMが売れる、売れる・・。

でも、タイ人はキリギリス型というのは分かるような気がしますが、やっぱり全員ではないですよね。タイ人も日本人から生かされていますが、日本人もタイ人から生かされている、持ちつ持たれ合いではと思うところが私の見解です。

いつもこのブログを楽しみにしていただけに、今日はちょっと残念な内容でした。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。