スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏様

お姉ちゃんが何やら熱心に作っているな?...と思っていたら、

「お母さん出来たよ。見てみて」

出来上がった作品はこちら↓

仏様

これは何だろう?形からして...タコかイカかな?
「すごいのが出来たね!これは何?」と聞くと、

「これはね、仏様なんだよ」
と言って、リビングのソファの上に貼ってくれました。
この作品の真ん中部分をよ?く見ると...

仏様(アップ)

ワイ(合掌)をしている人?が二人、そして何語か分からない文字が
書かれています。お姉ちゃんに聞いても「分からない」と言うので、
書いた本人が何を書いたか分からないのではお手上げです(苦笑)。

国民の9割強が敬虔な仏教徒のタイ、お姉ちゃんの通っている
センポーはカトリック教の学校ですが、祝日や行事の殆どは
仏教行事です(笑)。お祈りする時は「アーメン」も習いますが、
やっぱり「ワイ」の方が圧倒的に多いようです。私としては、
アーメンよりワイの方がしっくりくるので、今のままが良いです。
お姉ちゃんは学校や日常生活の中で自然に「祈りの心」が
身についてきているのでしょうね。日本だと実家の仏壇か
お墓参りをした時くらいしかお祈りする機会はありませんから、
タイ人から学んだ素晴らしいことの一つです。

時期的にも、日本は丁度お盆です。お姉ちゃん、偶然にしては
出来過ぎですね?。これはご先祖様が「常日頃から祈りの心、
感謝の心を忘れないように」と、日々不平不満を口にしている私に
教えてくれたのかも知れません。タイに来て毎年お盆は日本で
過ごせないので、とても残念に思っています。我が家は宗教に
疎いので、私は自分の家が何宗か知りません(汗)。父方、母方の
お墓に行ったらそれぞれ「何妙法蓮華経」又は「南無阿弥陀仏」と
お経を唱えながらお参りする、と言うことくらいしか知りません。
でもご先祖様あっての私ですので、ご先祖様への感謝の心を
忘れないように、そして子供たちにもしっかり伝えていきます。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。