スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オススメの本

これからタイへ来られる方のために、私が読んで役立った本を数冊紹介します。多分日本でも
手に入ると思いますが、もし駄目でもこちらで簡単に手に入りますのでご安心下さい。


オススメの本1

この本はタイトル通り、バンコクでの暮らしについて事細かに書かれてあり、シラチャとは
多少事情が違うものの、大まかな部分では似通っていますので、例えば食材や洗剤の種類など、
タイで手に入るものはどんなものがあるのか知りたいときに便利です。あとはタイへ来て、
バンコクへ遊びに行くときにも活躍します。
「新・バンコク便利帳」 情報誌ダコ編集部発行 定価3500円(税込)


オススメの本2

この本はシラチャでの暮らしぶりが事細かに書かれてあり、「シラチャってどんな所なの?」
という疑問に真っ直ぐ答えてくれる一冊です。バンコクとは違う魅力が満載です!
「タイは今日も海色」 坂本京子著 出版芸術社発行 定価1600円+税


オススメの本3

この本はとりあえず生活の中で必要なタイ語が初心者でも分かりやすく、タイ文字とカタカナで
書かれてあります。声調記号も書いてありますので、とりあえず話してみて、通じなかったら
文字を見せてみると良いでしょう。
「旅の指さし会話帳1 タイ」 加川博之著 情報センター出版局発行 定価1300円+税


オススメの本4

こちらはタイ料理に関する本です。屋台の見分け方、注文の仕方、食材や調味料などが写真と
イラストで分かりやすく紹介されています。上記の本と同様、タイ文字とカタカナ表記です。
私はこの本を一番愛用していますうっしっし
「食べる指さし会話帳1 タイ」 加川博之著 情報センター出版局発行 定価1200円+税

初めて訪れるタイ、しかも小さな子供連れだと不安だらけが当たり前です。今回紹介した本で
そんな不安を少しでも解消できれば幸いです。


関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re[1]:オススメの本(12/17)

>Tui☆Bangkokさん

>「旅の指さし会話帳」は危険な書です!!

私が気付いていないだけで、とても悪い本を紹介してしまったのかと焦りました(大汗)。

この本には「ビジネス編」もあり、そちらも電話の応対の仕方などが書かれてあるので仕事だけではなく、日常生活でも役立ちますよね。

Re:オススメの本(12/17)

「旅の指さし会話帳」は危険な書です!!

最初に旅行で来て、この本でタイ人とおもしろおかしく会話しているうちにタイとの関わりがどんどん深くなり、今こうしてタイに住んでいると言ってもいいでしょう。ある意味、わたしの人生を変えてしまった本です。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。