スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つい先程の出来事

娘のQキッズの見送りにロビーに下りて、帰りに牛乳やヨーグルトなどを
ロビ?で買い、早速コーヒー牛乳を飲んだら腐ってたショック 賞味期限は4月17日。
でも思いっきり酸っぱかった失敗雫 これで二度目だよ?!
娘に飲ませる牛乳は先に私が一口飲んで、味を確認してから飲ませているので
大丈夫だけど...恐いよね?どくろ もう一度腐っていたらフロントに言おう。

こんな国、タイに暮らしていると、「生きる」ということが日本にいる時より
ちょっとだけ身近に感じられるように思います。日本では「O?157」とか
「ノロウィルス」とか流行ると日本中が大騒ぎだけど、タイではきっと誰でも
普通に感染して、でも全てひとくくりに「食中毒」で済ませてしまっているから
何に感染したのかも分からないまま治っていたりするんだろうな?...
日本で恐れられているウィルスがその辺に沢山いるだろうからお化け
でも日本もちょっと殺菌・消毒って過敏になり過ぎな所があるのかも...
以前聞いた話で、食中毒が流行る時期に保健所からの通達で、桜餅に使う
桜の葉を消毒してから使うように、と言われて、和菓子職人さんは「それは
本末転倒だ!」と仰ったとか。もともと桜の葉には殺菌の役割があるので、
それを消毒することによって殺菌効果が消えてしまうのです。他にも和食には
私達のご先祖様が生活の中で得た経験から、様々に食中毒を防ぐ知恵があります。
それらを無視してむやみやたらと殺菌・消毒したら、必要な菌が死滅して、
逆に不必要な菌にとって好条件にしてしまっているのかも...!?
(↑これはあくまで私の推測ですが)

とりあえず、タイ在住の皆さん、これからの季節、どうぞお気を付け下さい。



関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re:ほんとほんと(04/10)

>まとんさん

あなたも世界各国を回って様々な経験をしているから分かると思うけど、「自分の身は自分で守る」っていうのが外国での常識だよね。それは食中毒や食あたりに関しても例外ではありません。日本だったら「販売店が」「製造元が」とか、責任追及になるけれど、海外だと「腐っているかどうか確かめずに(もしくは分からずに)口にした者が悪い」ってなるから、いくら販売元に抗議したって「あら、そうですか」で終わりだもんね~。



どっちがよい、という問題ではなくて、日本の衛生管理の徹底ぶりは本当に素晴らしいと思っています。が、それに頼りすぎるのはちょっと危険かな?と思う今日この頃です。

ほんとほんと

殺菌消毒ブームは、私もちょっと心配になるよー。

いや、うちにもそういうのは何種類もあるんだけど(笑)

でも何もかもをスプレーして殺菌!っていうの、ちょっと怖いよね。

そういうグッズで必要な菌を生かしたまま無害な菌を殺す、っていう訳じゃなくて、有益な菌もみんな死んじゃっているんだから、本来有益な菌が守ってくれている部分のバランスが崩れたりするんじゃぁ?ってね。



それはそれとして、タイの牛乳の管理ってどうなっているんだろうねー。

管理のせいか、賞味期限に問題があるのか…mayちゃんはサバイバルな技を習得してきてるよねー(笑)

Re:賞味期限(04/10)

はなこあらさん

>夫は賞味期限を守ろうとするので、よくもめます。

日本の場合は賞味期限にかなりの余裕を持っているので、機嫌を厳密に守らなくても大丈夫だと思いますが...



>まあでも食中毒になったら、ほんと神にもすがりたくなるほど大変なので気をつけないとね。

食中毒になった時は本当に死にそうですが、普段からバイ菌と一緒に食べているようなものなので、食中毒になっても2日~3日で復活しています。タイに来て、かなり鍛えられていると思います。

賞味期限

日本での私の食生活では、賞味期限に頼りすぎてるなあという気もするよ。

夫は賞味期限を守ろうとするので、よくもめます。



まあでも食中毒になったら、ほんと神にもすがりたくなるほど大変なので気をつけないとね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。