スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイのお医者さん

タイへ来た翌日から私と子供は病院通いでしたので、最近では慣れたものです。
タイでは病院もサービス業の一つに位置づけられているので、外国人(シラチャでは日本人がメイン)
を取り込もうとどこも必死です。何せ外国人はお金を持っていますからね?。
私が通っているファヤタイ病院には玄関を入って右手奥に「日本人専用カウンター」があります。
全面ガラス張りのカウンターは明らかに浮いています雫
でも私達は病院のスタッフに顔を覚えてもらっているので有無を言わさずこのカウンターの中へ
連れて行かれます。でもここは中に入ってしまえばとても快適だし、夕方5時までなら
日本人スタッフが常駐して、診察から会計までずっと通訳として付いてくれて、薬を受け取った後は
詳しく説明までしてくれます。病院は24時間いつでも診てもらえるし、通訳の方も頼めば
勤務時間外でも電話をしてくれるので、とても安心です。

こちらへ来て風邪を引いたり湿疹か何かかゆみが出たりして診てもらったのですが、どの症状でも
診察の前には必ず体重を計ります。昨日来て計ったと言ってもまた計らされます。
そして風邪なら検温、そして診察。診察は問診&聴診器&喉を見るだけで、血液検査や
レントゲン等詳しい検査は一切しないのに診察後すぐに「○○です」と病名等を断言します。
これには毎回驚かされます!!何を根拠に断言しているのだろう?例えば咳が続くので病院に
行ったら「風邪の菌が肺に入ってそれで咳が出ています。抗生剤を飲めばすぐに治ります」とか...
その自信は一体どこから出てくるの?しかも聴診器は服の上から当てるので、初めて
診察された時はお医者さんは私の横に立って私の背中と胸に手を当てているから、まさか聴診器を
当てられているとは気付かなかったよ?!アレルギーと診断された人の話を聞くと、何の検査も
しないでアレルギーの薬としてステロイド剤を処方されたらしく、これじゃあ何のアレルギーか
分からないじゃないか!と怒っていた怒ってる

それからタイでは診療報酬はお医者さんが決めるので、毎回金額がかなり違います。領収書の
明細がタイ語なので、何がいくらかかったのかは分かりませんが、お医者さんによって出される
薬も違うので、高い薬をいっぱい出されると1300バーツくらいするけどこの前は3つ薬をもらって
800バーツくらいだったなぁ。ちなみに私の通ってる病院は比較的安いです。他の病院だと
2000バーツかかったって聞きびっくり!
タイでは入院もお金を出せば高級ホテル並みの部屋で、食事も例えば食べたいお店から出前も
取れるそうです。病院内にたいていマッサージもあるから、入院中は検査の合間にタイマッサージで
リフレッシュ!あぁ、何だか入院したくなりますよね?うっしっし




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。