スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姉さん?

皆さんはご存じかも知れませんが、タイでは男性が女性に、女性が男性になることは社会的に
普通に認められています。私はタイのことを本当に何も知らないまま来たので、来てしばらく
「あの人何か違う」という不自然な雰囲気を時々感じていました。でもそれが何か始めは
分かりませんでした。日本でオカマさん(ニューハーフ?)に遭遇する確率はかなり低いので、
私にとっては遠い存在だったのに、タイへ来てとても身近な存在へ変わりました。

もともとタイの男性は特に私の周りでは中肉中背で男らしい、と言うより優しくてなるべく
楽して生きていたい、というタイプが多いです。だから一生懸命力強く働く男性はまず
見かけません!

しかし、なよっとしていても男性は男性で、それとは明らかに何かが違うのがオカマです。
最近は日本でもメジャーになってきているオカマですが、タイのオカマもかなりバリエーションが
豊富です。一番分かりやすいのが派手な衣装に女性では考えられないお化粧をしている
女装タイプ。このタイプの人を見て「何か違う」と感じない人はうちの旦那ぐらいかもうっしっし
何せ「これでもか!」という厚化粧で、しかもメイクが「ドリフのコントか?」と真剣に
問いたくなるほど酷くて、例えばほお紅を右の頬から左の頬に一直線に濃く入れていたり、
首から下は浅黒いのに顔だけ真っ白で唇は真っ赤っかだったり... 正直言って見苦しいぞ雫
この前の日曜日に初めてバンコクへ遊びに行った時のこと。伊勢丹の食料品売り場であれこれ
美味しそうなものを物色していると「サワッディーカー、マダーム」と店員さんに声を掛けられ、
ショーケースから顔を上げるとそこには「変身途中」のオカマちゃんが... 顔はめちゃめちゃ
男性で、お化粧はしてるけどお肌が男性でひげ剃り後が青々していて、髪は伸ばしかけでやっと
後ろで一つにくくれる程度、胸は膨らんでいたけどどう希望的に見ても美しくない方でした。
しかもオカマ仲間らしき人と話をしていて、その人はお化粧をせず、髪型も男なのにスカートに
パンプスだった... 日系のデパートなんだからさ?、せめて店員さんは男性か女性かどっちかに
してよね?ほえー あと先日近所に新しくできたセブンイレブンで見かけた
オカマはお化粧は上手だったけど全体的にごっつくて、決め手はあごが割れていたことだった...

あとは身も心も女性になった、いわゆる「ニューハーフ」タイプと、外見は男性で、仕草や
話し言葉が女性の「お姉キャラ」タイプがあるけど、先に話した「女装」タイプはその存在の
異質さがずば抜けているのでかなり遠くからでも見分けられます!
先日ショッピングセンターのトイレに入っていたら男性が大声で話しているのが聞こえて
「え!私間違って男性トイレに入った?(前科一犯)」と焦って出てみると、そこには後ろから
見ても明らかにかつらのロングヘアーを物凄い勢いでとかしているムキムキなオカマちゃんが
女友達二人と談笑していたので、「トイレは男性用を使ってよー!」と思いました怒ってる

この様に日本では考えられないくらいタイのオカマは日常生活に溶け込んでいます!
勿論オナベもね!これも良く言えば「大らか」なタイの国民性なのでしょうか?
あと韓国同様「整形手術」も人気で、テレビに出ているタレントや女優の殆どが整形している、と
言われる程!タイでは「見た目が全て」なので、タイの女性の美への追究は凄いです!
ちなみにタイの美人の条件は「色白」「サラサラロングヘアー」「(特にウエストから下が)細い」
この3つだそうです。若い女性はその大半が本当に細いのでびっくりしています!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。