スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップリケ

小学生の時は編み物や縫い物をやっていて、中学生でも家庭科の
授業があり、決して上手ではなかったけど、そこそこ使える物を
作っていた私ですが、高校生で一気に体育会系になり、そのまま
今日に至っているので、タイには裁縫道具を持ってきていなくて、
必要に迫られてボタンを縫いつけるのに針と糸だけをこっちで買い、
小さな紙箱に入れて、それを「裁縫箱」と呼んでいる私が遂に
重い腰を上げて、子供服の修繕に挑戦しました!

きっかけはこの春私の住むアパートに新しく引っ越してこられた方が
お裁縫が得意だと小耳に挟んだことです耳 そこで今までお姉ちゃんが
やぶったズボン4本を一気に繕ってしまおう!と思いつき、善は急げと
ばかりに今日その方に教えてもらいながら繕いました。5mm以下の
小さな穴は本当は「掛け接ぎ」したかったのですが、布がないし、
糸の色もあり合わせの中から選んで使ったので、とりあえずこれ以上
穴が大きくならないように刺繍縫いして終了。でも大きな穴は繕った跡が
目立ったので、68Bショップで買っってきたカットしたフェルト布で
「アップリケ」を作って縫いつけましたスマイル

さすがはお裁縫上手なHさん!ハートの形と星の形を組み合わせて
こんな可愛い「イチゴのアップリケ」を作ってくれました目がハート

イチゴのアップリケ

丁度ズボンにイチゴのプリントが付いていたので、まるで最初から
アップリケが付いていたように自然な仕上がりです!もう一つのウサギは
日本の100円ショップで買ったものです。

アップリケを付けたズボン1

見事に生まれ変わったズボンにお姉ちゃんは勿論、私の方が大満足で、
調子に乗って赤ちゃんのズボンも繕ってみましたうっしっし
Hさんの真似をして、ハートの形と星の形を少し切り取って、
ニンジンのアップリケにしてみました♪ Hさんと同じようには
いきませんでしたが、ちょっと離れて見る分には良いでしょ?

アップリケを付けたズボン2

昔から母が「女は料理と掃除と針仕事が出来ないとダメだ」とよく
言っていましたが、確かにこの3つが出来ればすっごく助かりますね!
これを機に、お裁縫を始めてみようかしら?布タラートも近くにあるし、
お姉ちゃんのバッグとか、これから必要な物が絶対増えていくから、
親子で楽しめて良いですよねウィンク

と言うことで、「H先生のお裁縫教室」を開催して下さ?いスマイル


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。