スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想定外

今日はお友達とバンコクへ行ってきました。今日は朝から雨が降り、
雨脚は強まる一方で、お陰で想定外のハプニング続きでしたが、
バンコク行きの話はまた後日ゆっくりするとして、最後に起こった
想定外の事態を今日は書きます。

今日バンコクに出かけることを朝出がけにシッターさんに伝えた
つもりでいましたが、うっかり忘れていて、でも私がバンコクへ
行ったことはレセプションのスタッフは知っているので、きっと
いつも通り3時から洗濯物をたたんだりお米を磨いだりしてくれて
いると安心していました。そしてアパートに着く少し前に
シッターさんから電話があり、「今どこにいるの?」と聞かれ、
「バンコクに行って帰っている途中で、4時には戻ります。部屋で
待っていて下さい」と言うと、何だかいつもと違う口調で、何か
言っているのだけど、私には分からなくて、とりあえずもうすぐ
アパートに戻るから待っていて、と言って電話を切りました。

ところが、部屋に戻ると誰もいない。洗濯物はベランダに干したまま。
「あれ?どうしたんだろう?」と思いつつ、買い物の荷物をごそごそ
していると、ドアをノックする音がしました。ドアを開けるとそこには
シッターさんがいて、「サワッディーカー」と挨拶するなりすごい
勢いで喋り始めました!私はきょとんとしてしまいました。彼女は
いつもと様子が違って、話し方もすごく感情的で、まくし立てるような
喋り方をしています。そうでなくてもタイ語は分からないのに
こんなに一気に喋られてはお手上げです雫

「どうしたの?」と質問しても、返った来た答えが分からないわからん
私も必死で聞き取ろうとするのですが、彼女のただならぬ様子に
焦ってしまい、話が見えてきません。そうこうしている内にやっと
一つの話が聞き取れました。実はシッターさんのお姉さんは
バンコクの病院にだいぶ前から入院していて、先週の金曜日から
容態が悪化したので、月曜日までアパートの仕事を休んで看病に
行っていたのですが、私はその間ピンチヒッターで別のメイドさんに
シッターとして一日だけ来てもらったことがありました。どうやら
そのことを言っているようでした。

「彼女は良くなかったでしょ?私の方が料理も出来るし洗濯物も
上手にたためるし、家の中のことや赤ちゃんのことを一番よく
分かっているの。マダムは私より彼女の方が良いの?(あなたの方が
良い、と答えると)だったらレセプションにそう話して変えてもらって!
私はここへ来たいんです!でもアパートからは来月からナイトシフトも
しないといけないからダメ、の一点張りなんです!」」

彼女がバンコクへ行って留守の時、アパート側から「赤ちゃんが
もうすぐ1歳になるので、そろそろシッターさんを通常シフトに
戻したい。彼女がナイトシフトで来られない時は彼女の友達を
代わりに行ってもらうようにしますが、良いですか?」と言われました。
私は彼女がうちにシッターとして来られるよう、彼女のシフトを
今日までずっと午前6時?午後3時に固定してもらっていて、それで
他のスタッフがナイトシフトをカバーしてくれていたことを知って
いたので、確かにこの状態が1年も続き、他のスタッフが不満を
抱くのも無理はないので、「良いですよ」と返事をしました。
でも彼女は来月からもずっと同じシフトで仕事をして、シッターの
仕事を続けたい、と言うことなのでしょうか?

でもこの時はまだ彼女が何故急にこんなことを言い出したのか、
そして本当は何が言いたいのかが分かりません。感情が高ぶって、
最後は涙ながらにこう言われました。

「私は赤ちゃんが生まれてから今日まで1年間ずっと赤ちゃんを
育ててきました。だから赤ちゃんは私の子供同然です。私によく懐いて
いるし、本当に可愛くて大好きです。マダムのことも、今までとても
親切にしてもらって嬉しかったです。だから(シッターとして)ここに
来られなくなるのはとても辛いです。私は来月もここに来たいけど、
アパート側はダメだと言ったので、もう今日から私はここへは
来ません。さようなら」

「え?え?」となりながら「今日から来られない」という部分を
聞き取って、「ええ?今日から来られないの?何故?どうして?」と
慌てましたが、「もう来ない方がいいから」と言って彼女は部屋を
出ていきました。バンコクでちょっとハプニングがあって、やっと
アパートに帰ってきたらこれです!私は何が何だか分からなくて、
驚きと、「今日から来られない」と言われてショックで、どうすれば
良いのか分からず、途方に暮れてしまいましたショック

更に追い打ちを掛けるようにレセプションのスタッフに「彼女は
何て言っていましたか?」と尋ねられ、「彼女は私の所でシッターの
仕事を続けたいけど、アパート側からダメだと言われたのでもう
来ることが出来ない、と言われました」と言うと、「それは違います!
彼女は誤解している!」と言うので、「何を誤解しているのですか?」と
聞きました。今日のお昼ご飯の時アパート側と彼女とで来月からのことを
話し合ったらしいのですが、アパート側は「赤ちゃんはもう1歳で、
誰にでも懐いているからシッターの仕事は誰でもいいでしょ?」と
言ったけど、彼女は「赤ちゃんは私以外には懐いていないし、家の中の
ことは私がよく知っていて私が一番適任だ」と言って聞かなかった
らしいのです。でもお互い片言のタイ語と日本語での会話なので、
大まかな結論部分は何とか分かりましたが、話の流れや細かい部分が
分からないままでした。相手の言っていることがうまく理解出来ないし、
自分の言いたいことが伝わらないし、すごくもどかしいです!今まで
見てきた彼女らしからぬ態度だったので、何とか彼女の気持ちを
きちんと理解して、何か誤解しているならその誤解を早く解いて
あげたいと思っています。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。