スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tang Hua Seng Department 

今日は私が手芸用品を買いたくて、トンブリにあるデパート
Tang Hua Seangに行ってきました。旦那がネットで色々調べてくれて、
一番種類が多い、もしくは店舗が多いのはチャイナタウンと
チャトチャックだったのですが、子供を二人連れて一軒一軒
見て回ることは多分不可能なので、そこそこ種類が置いてあって
クーラーも効いているデパートなら大丈夫だろう、ということで
行ってきました。トンブリ地区は初めて行きましたが、昔ここに
王朝があったのか、それとも今王室関連の建物があるのか、
デパート周辺は道路や町並みが整備されていて、どことなく品のある
場所でした。

「タイでは初めて行く場所は期待して行ったら絶対がっかりする」と
分かっていつつも期待してしまう自分がいて、お店が近づくにつれ、
私は期待を最小限にとどめる努力をしていました失敗

いざお店に着くと、外観はかなりローカル色の強い建物で、周りの
客層もタイ人オンリーだったので、それまで抱いていた期待が一気に
吹き飛んで不安になりました。

ところが、中に入ってエスカレーターで2階に上がるとそこは
婦人服売り場で、ローカルデパートなのに置いてある服がELLEとか
MICHAEL CLAINとか一流ブランドで、「これ、本物!?」と
疑ってしまいましたびっくり雫 3階は雑貨屋おもちゃ売り場で
4階が手芸用品売り場です。子供と旦那は3階で遊んでもらって、
私はゆっくり4階を見させてもらいました。

4階を見ている内にさっきまでの不安がどんどん消えて、良い意味で
驚くことばかり...と言うのも、置いてある商品が日本からの輸入、
もしくは日本のメーカーの輸出用が多いからです!そしてタイでは
珍しく、安い物、普通の物、高い物、と値段が大体三段階あって、
種類も豊富で、選んで買うことが出来るのです!これはすごい!
手芸用品と一口に言っても、色々な物があり、ここではそれぞれの
目的別にコーナー別けされていて、キルト、トールペイント、刺繍、
クロスステッチ、紙粘土細工等々、全ての手芸用品を一同に取り揃えて
あって、探しやすかったです。更に日本語の手芸の本が充実していて、
しかも中が全て手に取って見ることが出来るのが良かったです。

でも手芸初心者の私にはどれが良いのか、とか全然分からなくて、
先日紀伊国屋で買った刺繍の本↓を片手に必要最小限の物を探しました。

刺繍の本

ボタンやファスナー、留め具、刺繍糸、毛糸、どれも種類が豊富で、
ミシンも置いてあったので、ミシンが欲しくなりました!布も
置いてあったので、ここに来れば一通りの物が手に入って便利ですねウィンク

本日のお買い物

ちなみにおもちゃ売り場でも日本のおもちゃがたくさん置いてありました!
しかもゲーム機も日本のもので、日本語で遊べて、でも値段はタイ価格!
想像以上に良くて、大満足でした目がハート でも食事がタイ料理とマックや
KFCのファーストフードしかないのが残念でしたしょんぼり

詳しい場所はデパートのHPで確認して下さい。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。