スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育児放棄?

きっとこちらの事情をご存じでない方から見ると、我が家の赤ちゃんは
いつ見てもロビーかロビー横のレストランでアパートとレストランの
スタッフが子守をしてくれているので、極端な言い方をすると、
私が育児放棄しているんじゃないか!?と思われるかも知れません雫

もちろんそんなことはありません!

じゃあ何故毎日毎日朝も昼も夜も殆ど丸一日ずっとスタッフに抱っこして
もらっているのか!?と疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。
お答えします。それは...

スタッフが赤ちゃんを連れて行って、スタッフ全員の気が済むまで
返してくれないから
なんです!

レセプションが済んだら事務所の中、そしてレストラン、時には外の庭師の
お兄さんや門番のおじさんの所まであちこち順繰り連れて行かれて、
どうしてもお腹が空いたか疲れておっぱいを飲みたくなった時だけ
私の所に返してくれます。最近はお菓子もあれこれ食べさせてもらうので、
お腹が空くことも滅多にありませんし、眠くなったら抱っこして
寝かしつけてくれるので、2?3時間帰ってこないことも珍しくありません。

今日は早朝から旦那がゴルフに行き、スタッフは私と子供二人で今日は
一日どこへも出かけないことを知っていたので、朝9時頃にスタッフが
部屋を訪ねてきて、「赤ちゃんを迎えに来ました。終わったら連れて
来ますから大丈夫です」と言って赤ちゃんを連れて行きました。

生まれた時からこの環境だし、何よりうちの赤ちゃんは元々人見知りの
少ない性格で、特にタイ人と一緒ならお母さんがいなくても平気です。
時には部屋に戻って来ても「まだ帰らない!」とスタッフにしがみついて
離れないこともよくあり、そうするとまたそのまま連れて行かれます。
これだけ可愛がってもらえるのは本当に有り難いし助かるのですが、
子供に激甘なタイ人なので、まだ1歳になっていない赤ちゃんにお菓子や
ジュース、揚げ物、野菜や果物など何でも食べさせて、赤ちゃんも普段
食べない甘い物や味の濃い物に喜んで食べるので、食べたい物を食べたいだけ
食べさせてくれて、家に戻って「さあご飯を食べよう」と言ってもお腹が
いっぱいで食べられなかったり、離乳食ではなく、普通のご飯やお菓子を
欲しがるようになってしまいましたショック

うちのシッターさんはすごく日本的な子育て観なので、甘い物や揚げ物は
まだ食べさせてはダメ、とか、外を歩く時は靴を履かせるように、とか、
食べる時は座って、とか、躾けに関してはタイ人らしからぬところがあり、
私は安心して任せられたのですが、スタッフはそんなのお構いなしで、
赤ちゃんが喜ぶなら何でも「ダーイ ダーイ(OK)」なので、ちょっと困る面もわからん 
人懐っこい性格がちょっとマイナス方向に働いてしまったようですしょんぼり
どうしたものか...有り難い悩みです。

お仕事(いたずら)中


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。