スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての面会

兄が昨日から集中治療室から一般病棟の個室に移ったので、今日の
夕方から子供達を連れてお見舞いに行ってきました。お姉ちゃんは
ずっと「お兄ちゃんに会いたいよ?」と言っていたのですが、生憎
以前いた集中治療室は子供は入れなかったので、毎回「子供は中に
入れないんだよ」と言っていました。なので私が「今日はお兄ちゃんに
会えるよ」と言っても「でも子供はダメでしょ?」とちょっと
諦め交じりの返事をしていましたが、それでも会えると聞いたら
嬉しそうでした。ただ、お姉ちゃんが嬉しさのあまり、兄に飛びついて
行ったら大変なので、「お兄ちゃんは手術してここ(胸)を切ってるから、
ここがまだ痛いの。だからお兄ちゃんに触ったらだめだよ。そ?っとね。
優しく触るんだよ」と何度も言って聞かせましたが、果たしてどこまで
分かっているんだか...わからん

そしていざ病室に入ると、久しぶりの兄が笑顔で迎えたので、
お姉ちゃんは本当はすぐにでも飛び付いて行きたかったのでしょうが、
私に言われた通り、最初はベッドの横にある長椅子に座り、段々
兄に近づいていき、最後は兄のベッドに上がり込んで、兄の胸に
付いている色んな管(心電図用)や腕の点滴用の管に興味をそそられ、
すぐに触ろうとするから慌てて止めました雫
お姉ちゃんの記憶力は鶏と同じで三歩歩くと忘れるのですしょんぼり
でも兄が「これを見てごらん」と手術の傷跡を見せると、神妙な
顔になり、それから少しだけ兄から離れて遊んでいました。

術後二日目の晩は体調が悪くなり、心臓が痛くて苦しくて寝られず、
付き添っていた母はとても心配したそうですが、翌日から体調は
好転し、今日は私達が行く前に自分で売店まで行ってスパゲティの
小さいパックを買ってきたそうです。顔色も良く、ベッドから
立ち上がってもしばらくは平気そうだったので、このまま順調に
回復するのだと安心して帰路につきました。

携帯電話も心臓から20cm(だったかな?)以上離していれば使えると
言われ、右手でなら通話も出来るので、病室で使っています。
なので今までは届いたメールは私がプリントアウトして病院まで
持って行かないと読めませんでしたが、今では携帯電話に転送すれば
すぐに読むことが出来ます。これで気分的にかなり良くなった筈!
退院まで待ち遠しいですスマイル



関連記事
スポンサーサイト
コメント

よかったですね

無事手術が終わられて良かったですね。子供さんたちもおじさんに会えてよかったね。日本にいる間は、おじさんに、いっぱいかわいい顔を見せてあげて元気を分けてあげてくださいね(*^_^*)

ほんと安心しました。

姪御さんとも会ったり、歩けるようになって、良かったですね。四時間の手術の後にしては、ずいぶん早くそんなことができるようになっていると驚きです。でもきっとまだ痛みがあったりするのでしょう。どうかお大事に。

ほっと一安心ですね。

お兄様の胸についているいろんな管、腕に点滴の管と痛々しいご様子にびっくりしています。でも立ち上がったり歩いたりできるというのはすごいですね。これから順調に回復なされることをお祈りいたします。

今までメールの印刷、配達済みません。ありがとうございました。20センチほど離せば携帯が使えるということは逆に言えばそれより近づけてはダメということなんですね。便利な機械ですがやっかいですね。十分注意して使わないといけませんね。駄文長文慎みます。お早い退院を心待ちにしています。



コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。