スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行記3

さて、今日は私のリクエストで、市内観光に行くことに。でもただの
市内観光じゃありません。何と、水陸両用車で、陸と海の両方から
シンガポールの名所を観光出来る、すごいツアーなんです!その名も
ダック ツアー。この水陸両用車は第二次世界大戦終戦後に
アメリカ軍が置いていった物を、観光用として再利用しているのです。

お昼前にホテルからバスでセントーサ島を出て、市内に入ったら今度は
地下鉄を乗り継いで、ダックツアーカウンターまで1時間弱の移動です。
途中でシンガポールのくるくる寿司を発見!和食に飢えていた私達は
迷わず「ここで早めの昼食にしよう!」と言いましたうっしっし
日本人の悲しい性かな...でもやっぱり一日一回は和食が食べたい!

ショッピングモール内はクーラーが効いていて、半袖だと寒いのに、
この日うっかりお姉ちゃんのカーディガンを忘れてしまったので、
代わりに赤ちゃんの肌掛け用の薄いバスタオルをポンチョ風に巻いて
あげました。お姉ちゃんはこれがすっかり気に入って大喜び♪

新しい服?

さて、巨大ショッピングモール内にあるダックツアーカウンターに到着。

ダック ツアー カウンター

ダックツアーは1時間に1回出発していて、1回のツアー時間は
1時間弱。途中休憩はありませんので、参加される方は出発前までに
トイレ、飲食を済ませておいて下さい。さぁ、いよいよ出発です!
アヒル柄にペイントされた水陸両用車に乗って、しゅっぱ?つ!

水陸両用車

乗る前はお姉ちゃんも喜んでいたのに、いざ出発すると、速度は
40km程度で、車内は遊覧船の様で、子供が喜ぶものは何もなく、
いざ入水する時も旦那は「もっとスピードを上げてバシャーッて
派手に水しぶきが上がったりするのかと思った」とがっかりするくらい
速度を落としてゆっくり静かに入水し、そのまま何事もなかったかのように
海からの観光が始まりました。でも私は一人大満足で、楽しかったですスマイル

マーライオン

高層ビル群

ドゥリアンの形の建物

ツアー前半は海から、そして後半は陸からの観光でしたが、後半
陸に上がると程なく、雨が降って来ました。でも屋根が付いているので、
吹き込む雨は大したことなくて、残りの観光も十分楽しめました。
ゆっくり走るので、ゆっくり景色を楽しめて、写真もたくさん撮れました。

市内観光1

市内観光2

市内観光3

二階建てバス

ここのツアーはダックツアー以外にヒッポ ツアーというのもあり、
ヒッポツアーは二階建てバスの屋根がないタイプのバスで市内観光を
します。街中の景色を、ちょっと高い所から見るのもなかなか
面白そうですね。ヒッポツアーのバスはこちら↓

ヒッポ ツアーのバス

実は去年のお正月に来た時はセントーサ島半日ツアーに参加しましたが、
これが忙しないのなんの...!一カ所の滞在時間がとても短くて、
どこも駆け足で回らないといけなくて、でもこっちは子供&赤ちゃんを
連れているので、皆に追いついていくのに必死で、ゆっくり景色を
眺めたり写真を撮る余裕はありませんでしたわからん
しかもツアー最後のソング オブ ザ シーというショーを
見終わって、後は帰るだけだったのに、集合場所が分からなくなり、
夜9時近くで外は真っ暗、子供達はそろそろ眠くなる時間だったので、
タクシーでホテルまで帰ったのでしたしょんぼり 

そうそう、そのショーを今年はホテルのベランダから遠目に見ることが
出来ました。歌と踊りと、水しぶきにレーザーで魚が映し出され、
とても楽しいショーでした。

ショー1

ショー2

ショー3

ショー4

ショーは夜のみ。昼間はショー会場のすぐ横にレストランがあり、
海を眺めながら食事が楽しめます。

ショー会場

そして忙しなく駆け上がって駆け下りたセントーサ島のマーライオン。
このマーライオンは中から頭のてっぺんに上ることが出来ます。

マーライオン

実はシンガポールにはマーライオンが3体あります。2体はシンガポール
本土にある、日本でもお馴染みの口から水を吐き出しているもの。
こちらが女性のマーライオンで、セントーサ島にあるのは男性の
マーライオン。そして残る1体は女性のマーライオンの後ろに
こっそり隠れている、小さなマーライオン。これは子供だそうです。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。