スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センポー初登園

いよいよ今日からセンポー(幼稚園)のサマースクールが始まりました。
初日は私の方がドキドキで、今日学校に行ったら制服とカバンが
渡されると言われたので、とりあえず普段着のまま、学校指定の
白無地の靴下&黒革の靴をはいて、筆箱とハンカチと水筒だけ持って
行きました。学校は8時からなので、7時40分にアパートを出ると、
校門の前には既に送迎車の長い列が出来ていて、車が全然前に
進まない!今日はトゥクトゥクで行ったので、じっと動かないで
待っていたので暑いのなんの雫 あまりの暑さに門を入ってすぐの所で
トゥクトゥクを降りて、歩いて幼稚園校舎まで行きました。
センポーは校舎が縦長になっていて、幼稚園校舎は一番奥。しかも
入り口から奥までず?っと緩やかな上り坂になっているので、
お姉ちゃんも私も汗だくになって歩きました雫 いy?、ラッシュが
これ程凄いとは知りませんでした!皆親が送り迎えするのね?。
さすがはお嬢様学校!...なんて感心している場合ではありません!

さて、やっと幼稚園校舎に辿り着いたら入り口にクラス票が
張り出されていて、私はてっきりうちの子の名前はアルファベットで
書かれていると思っていましたが、甘かったです失敗 全生徒の名前が
タイ語で書かれてあったので、近くにいた先生にお願いしてクラスを
教えてもらい、いざ、教室へ。お姉ちゃんは本来なら幼稚園3年生
なのですが、タイ語の読み書きが出来ないので、2年生になりました。
校舎は階段を上るとまず目の前に3階まで吹き抜けの広いホールがあり、
ホールの四隅には子供用の滑り台などが置いてあります。ホールを
ぐるっと囲むように教室と廊下があり、1学年5クラスで、1クラス
大体32?37人くらいの生徒がいます。

お姉ちゃんの学年は2階で、教室にはいると先生が迎えてくれて、
お姉ちゃんはすぐに案内された席に座ってブロックで遊び始めました。
先生に「制服とカバンは?」と聞くと、「制服は1学期に渡します。
サマースクールの間は制服は要りません」と言われ、ここでもタイの
先制パンチをくらいましたパンチ いや、その前に既にジャブはくらって
いたんだった!実は入試の面接の際に、一緒に受けたQキッズのお友達と
同じクラスにしてあげます、と言われていたのに、いざ教室に入ると
お友達は何故か隣のクラスだったのですほえー

そんなこんなで、朝はこれでお姉ちゃんとお別れして、再び正門まで
歩いて戻り、そこからトゥクトゥクを拾って帰りました。お陰で朝から
ぐったりですショック 午後は教室の入り口に貼ってあった時間割表には数字も
全てタイ語で書かれてあったので、近くにいたタイ人のお母さんに
「何時に終わると書いてありますか?」と尋ねると、「3:20です」と
言われたので、お迎えはちび子がQキッズから帰ってきて、ちび子と
一緒にトゥクトゥクで行こうと思っていました。ところが、3時過ぎに
電話がかかってきて、「お姉ちゃんの学校はもう終わったので、迎えに
来て下さい」と言われ、慌ててトゥクトゥクを呼んでセンポーに行きました!

すると朝と同様、午後も渋滞で、しかも今回は「トゥクトゥクは門の中には
入れない」と言われたので、正門からえっちらおっちら歩いて向かいました。
慌ててアパートを出たので、日傘を置き忘れてしまい、炎天下の中再び
汗だくになってお迎えに行きました雫 幼稚園校舎に着くと、お姉ちゃんは
「お母さん、遅いよ?」と私のお迎えを待ちくたびれた様子でした。
お母さん、帰りの時間をちゃんと確認したつもりが、実は1、2学期の
通常授業時の時間割表を見ていたようで、サマースクールの時間割は
入り口に別に置いてありましたお化け お姉ちゃん、ごめんよ?雫

今日は久しぶりに汗だくになって歩き回ったせいで、夕方からドッと
疲れが出ましたわからん 明日から朝夕の送り迎えの時間を20分程度
早めることにして、入る門も正門ではなく、幼稚園校舎に一番近い裏門から
入ってもらうようお願いするつもりです。そうそう、実はもう一つ、
サマースクールの間はスクールバスが使えないと分かり、ショックショック
こんな感じで初日はバタバタのまま終わりました。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。