スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トイレ事情

私がタイに来たばかりの頃は、ロビンソンのトイレにトイレットペーパーは
設置されていませんでした。シラチャではまだトイレットペーパーを使う
習慣は少なかったからです。では、タイ人はどうやってお尻を拭くのか、
という疑問が起こりますよね。その答えは...

水シャワー

日本のウォシュレットをイメージしてもらうと分かりやすいかな?
でも日本のものと違うのは、トイレの横に短いホースが置いてあり、
そのホースの先に小さなシャワーがついていて、レバーを握ると
水シャワーが出てくるので、それでお尻を洗うのです。勿論手で洗います。

洗った後の手をどうするのか、と言うと、洗面所で石けんを付けて
丁寧に洗います。

あれ?じゃあ水シャワーで濡れたお尻はどうするの?
そうですよね?、疑問ですよね?。でもね、答えは簡単。

そのまま

ええっ!?そのままって...びしょびしょですよ!そのままパンツをはいたら
パンツがびしょ濡れになるじゃないですか!

はい、その通り。大人も子供もお尻が濡れたまま服を着ます。
タイは年中暑いので、その内すぐに乾くので問題ありません。

...って言われても...ね?わからん
最近ではトイレットペーパーが置かれてあるトイレが増えてきましたね。
でも基本的にタイ人はうんちの時だけトイレットペーパーを使うそうです。
あとは例えばトイレに入ってすぐの所にでっかいトイレットペーパーが
置かれてあり、そこでペーパーを取ってから個室に入る場合もあります。
最近では個室内にペーパーが置かれてあるトイレが増えましたが、例えば
モーターウェイの休憩所のトイレなんかは水洗ではありませんので、
要注意です!タイの昔のトイレは基本的に和式トイレと似ているので、
日本人はさほど違和感なく使えると思いますが。所変われば品変わる、
面白いですね?。ちなみに20年くらい前に中国に旅行に行った時、
敦煌という砂漠の街に行ったら、トイレと教えてもらった場所には
和式便器が置いてあるだけで、他には壁も何もなかったのです!
そこよりはマシでしょ?お化け

あ、そうそう、タイのトイレの殆どでは便器にペーパーを流しては
いけません
ので、皆さんお気を付け下さい。つまりの原因になります。
この注意書きはどこのトイレにも必ず書いてありますが、私はいつも
これを見て思うのですが、タイ人はそもそもトイレに紙を流さないのは
常識なのでは?それをわざわざ注意しないといけないのはどういうこと?

何故トイレの話をしたかというと、今度お姉ちゃんが通う幼稚園(センポー)の
トイレにはトイレットペーパーが無く、ゴミ箱もなく、洗った手を拭く
紙ナプキンもありません。トイレは水洗ですが、完全にタイスタイルです!
「お尻を拭かないでそのままなんて、お姉ちゃん大丈夫かな??」と
心配しましたが、お姉ちゃん曰く、「Qキッズでもお尻は拭かないよ」とのことお化け

すっかりタイ化しているお姉ちゃん、日本に帰ったらちゃんとお尻を
拭かないとばあばんに大目玉をくらうぞ?失敗雫

余談ですが、ちび子は最近トイレでおしっこやうんちが出来るように
なりましたウィンク 時々ですが、出る前に「おしっこ」と言えるようになり、
そのままトイレに連れて行くとちゃんと出るので、下の子は何事においても
早いですね?。しかもトイレが終わったら「すーっとした」と感想付きですうっしっし


関連記事
スポンサーサイト
コメント

コメントありがとうございます

☆スーさん



そうそう、確かに欧米のホテルでは女性も位置が高くて、私は一生懸命伸ばせばかろうじて足の指先が地面に触れるくらいだって、とてもやりづらかった記憶があります。



フランスの工場内のトイレ、是非一度見てみたいです!一体どんな形なんだろう???





☆みっちゃn



トイレの注意書きはタイ人の為でもあります。その証拠に大抵タイ語でのみ書かれてありますから。



私の経験から言うと、「公共の場」という認識を持っている国は少なく、認識はあっても法律で規制しない限り、「公共の場を汚したり乱してはいけない」という意識は薄いように思います。極端に言えば、「日本以外の国では自分の家以外は汚して構わない」くらいの意識なのです。特にアジア圏では、掃除は掃除をする人(仕事で)がやってくれるので、汚してもゴミを落としても自分は関係ない、という認識なのでしょうね。だから決して「悪いこと」ではなく、それが「常識」なのです。そういう認識の人達に「トイレを綺麗に使って下さい」と言っても、なかなか難しいと思います。残念ですが...

おもしろいね。

暑いのですぐ乾くってところがタイっぽくておもしろかったです(笑)

トイレの注意書きは旅行者の為?

北海道は今やそこいら中のトイレにアジアの数カ国語で注意書きがしてあるよ。

そちらとは逆で、「水洗トイレなので紙を流しても大丈夫です。汚物入れに捨てないで!」というような趣旨(笑)

私も前に観光牧場で働いていた時、アジアからのツアーバスが入ってきた後はトイレが悲惨な状態になったのを経験しているので、この注意書きを張る人の気持ちがよくわかります(^^;)

Re:トイレ事情(03/12)

所変われば・・・・っと言うことで、以前フランスへ出張した時、工場の現場のトイレは「何じゃこりゃ(大の方です)」と今までに出会ったことの無い形をしてました。事務所内のトイレは普通の洋式だったんですが。

それと、レストランへ行った時、「高いのなんの(小の方です)」私は、身長が172cm有るのですが、背伸びしないと届かないくらいでした。一緒に行った仲間は、結局届かず「大」の方で「小」を済ませたそうです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。