スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空港でのトラブル

日本大使館からのお知らせを載せますので、在タイ日本人は勿論、
こらから来タイされる日本人の方もご注意下さい。

以下のトラブル以外では、タイに入国する際、パスポートの捺印の
日付が違っている場合があるそうなので、必ず日付を確認して、
万が一間違っていたら、その場ですぐに訂正してもらう様に
して下さい。最悪の場合不法滞在で日本に強制送還されますので! 


        【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

空港における各種トラブルについて(再注意喚起)(2009/08/06)

スワンナプーム空港等において頻発しているトラブルについて、既に
現在まで多数ご案内しておりますが、この度改めて皆様に対し、
再度注意喚起申し上げます。

1.煙草の不法所持による摘発(タイ入国時に多いトラブル。タイ物品税法等違反)
  タイ物品税局では、免税煙草の不法所持につき摘発を強化しており、
  摘発された者に対しては同局では高額な罰金を請求します
  (法律に基づく計算によれば、1カートン(10箱)あたり約4,700Bの
   罰金となるうえ、当該煙草は没収されます)。 
 タイ国内での免税煙草の所持は概ね2カートンまでとなっており、
 税関で深刻しても1カートンを越える煙草を持ち込むことは原則できません。
 摘発を不服として罰金支払いを拒否した場合には裁判となりますが、
 その間は警察に引き渡されて拘束されることもあります(なお本邦内にて
 税込で購入したものであっても、タイ国内の納税シールのないものはタイでの
 税金支払がないため「免税煙草」とみなされます)。

2.空港免税品店における万引き(タイ出国時に多いトラブル。窃盗罪)
 (1)空港免税品店において、日本人が万引きで逮捕される事例が年間数件
   報告されています。空港免税品店では原則的に示談交渉を一切行わず、
   少額の物であっても警察に引き渡されて裁判が終わるまでの間
   刑務所等に収監されます。
(タイ刑法334条 窃盗罪 3年未満の禁錮及び6千バーツの罰金)
   これに加え、事案の性格上、ほとんどのケースは日本帰国便が多く
発着する夜間に発生していますが、タイ刑法の規定によればこれら
「公共施設」における「夜間」の窃盗には「刑の加重」がなされる
こととなります
  (タイ刑法335条 1年以上5年以下の禁錮又は2千以上1万B以下の罰金)

 同条1項 夜間における窃取
 同条9項 公共の礼拝所、駅、空港、公共の駐車場、停船場、商品輸送の
      ための公共施設、公共輸送機関内の窃取)
 
 (2)万引き(窃盗)を行った場合、タイ刑法に従い処罰を受けることと
   なりますが、裁判が開かれるまで通常1?2ヶ月を要し、裁判が
開かれるまでの間タイからの出国は認められません。よって、軽はずみに
してしまったことであっても、結果として当日日本へ帰国できない
ばかりか、事後1?2ヶ月は日本で何らかの用事があったとしても
帰国できない事態に陥ります。

3.免税タバコ、万引きとも従来からお知らせしてきたものですが、
  旅行シーズンを迎えるに至り、再度注意喚起を申し上げるものです。
  タイ国内においては現地法であるタイ法を厳守のうえ、これらトラブルに
  巻き込まれないよう、十分ご注意願います。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人保護)
    (66-2)207-8501、696-3001(パスポート、証明、在外選挙等)
 FAX:(66-2)207-8511
○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite104-107,AirportBusinessPark,,90MahidolRoad,
    T.Haiya,A.Muang,ChiangMai,50100Thailand
 電話:(66-53)203367
 FAX:(66-53)203373

日本を一歩出れば、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性が増えます。
日本人の常識や感覚では理解(予想)できない事態もあることを念頭において、
「自分の身は自分で守る」、「外国では全ての日本人は日本の外交官である」
という認識を持って、海外での日々を過ごしてもらいたいです。
くれぐれも「旅の恥はかき捨て」を誤用しないように!


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。