スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お姉ちゃんからの贈り物

二度目の退院から数日経ったある日、私がソファに座っていると
お姉ちゃんがやって来て、「ねぇねぇお母さん、これ見て」と
後ろを指さすので、振り向いて見ると...
病院

私:「何これ?」
お姉ちゃん:「これはね?、病院なんだよ。私が作ったんだよ。
         お母さんが早く元気になります様に、って」

嬉しかったです(号泣)!私が入院中にお姉ちゃんが一人で
これを作ってソファの後ろの壁に貼っていたそうです。
しかもそのすぐ近くにはお姉ちゃんが書いたお手紙が
貼ってありました。

お手紙

ありがとね、お姉ちゃん!
お母さん、早く元気になる様頑張るわ!

2?3週間前に旦那があいうえお表をソファの後ろの壁に貼って、
お姉ちゃんにひらがなの練習をさせています。学校でタイ文字を
習っているから、頭の中が混乱しないかと心配しましたが、
お姉ちゃんはひらがなに興味津々で、旦那が教えると意外に
すんなり覚え始めて、それを見ていたちび子も一緒になって
覚え、今では二人で「あいうえお、かきくけこ...」と言い合って
います。そう、そしてこの表を見ながらひらがなを書く様になり、
結構上手に書けていると感心しました!タイ文字はかなり
上達して、書くのも早いし、きれいに書ける様になっています。
赤ちゃんが生まれて2週間足らず、私がちょっと赤ちゃんと
おっぱいに気を取られている間にお姉ちゃんはまた少し
成長していました!偉いね?!ほんと、ありがとね?!

ソファの後ろの壁



.....と、ここまでなら心温まる出来事で済むのですが、そこは
我が家のお姉ちゃん、何か必ず一つはやらかしてくれます。

お姉ちゃん:「お母さん赤ちゃんが生まれたのにまだお腹が
         大きいから、早く小さくなります様にって、
         ここ(お姉ちゃんの作った病院)にお願いすると
         良いんだよ」

そう、私はもう赤ちゃんは居ないはずなのに、まだ妊娠中の
ような大きなお腹...タイ人にいつも笑われていますが、まさか
お姉ちゃんにまでそこを指摘されるとは!私の場合、
1?2ヶ月かけてゆっくり小さくなっていくんだから、その内
普通サイズになるから大丈夫だよ、お姉ちゃん。

痛いところを突かれてしまった...(苦)

関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。