スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモのお知らせ

大使館からのデモに関する緊急メールが届いたので、
ブログで紹介します。在タイ日本人の皆さんはどうぞ
お気をつけ下さい。私もソンクラーン中に一度デモ隊と
遭遇してえらい目に遭ったので...


         【大使館からのお知らせ】
              
                     緊急一斉メール

============================
反独裁民主戦線(UDD)等による集会実施に関する注意喚起
(2009年9月17日現在)

1.タイ関係当局等によると、19日(土)午後1時から20日(日)
午前6時までの間、UDD等の親タクシン派集団は2006年9月の
クーデター3周年を機とし、バンコク都内ドゥシット地区のラーマ5世
記念像前において、国会解散等を求め大規模集会を行う予定です。
集会の規模については3?4万人程度と見られております。
また、集会参加者は集会後、プレム枢密院議長宅前(シ・アユタヤ通り
最西端付近所在)に向けてデモ行進・座り込み等を行う模様です。

2.タイ政府は、今回の集会に際し、9月18日(金)から22日(火)までの
5日間、バンコク都ドゥシット区に国内治安維持法を発動することを
15日の閣議で決定しました。今回の国内治安維持法の発動により
同区での「一部交通手段の制限」、「一部公官庁の閉鎖」、「検問所の
設置」、「武器所持禁止」等が規制されることとなっています。
当該場所周辺では交通規制や立入規制等が予想されると共に、
交通渋滞等が予想される他、展開如何によっては不測の事態が
発生する可能性も排除できません。現状においてバンコク都内は
平穏ですが、念のため国内の治安情勢に関して注意を払い続ける
必要があります。

3.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の
入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている付近には
近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX:(66-2)207-8511

○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite104-107,AirportBusinessPark,90MahidolRoad,
    T.Haiya,A.Muang,ChiangMai,50100Thailand
 電話:(66-53)203367
 FAX:(66-53)203373


一体いつまでこの迷惑なデモをタイ政府は容認(黙認)する
つもりなんでしょうか?こんなことをやればやる程タイの
経済的ダメージは増える一方だと言うのに...(悩)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。