スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白飯

タイへ送る引っ越しの荷物の中にお米5kg×2袋入れて、それを今日も大事にタイで売られている
日本米に混ぜて使っています。タイでは貴重なお米ですからごはん
タイで作られた日本米はやっぱり味が落ちます。日本のスーパーで売られている一番安いお米の
方がおいしいです。そうは言っても純日本米だけを食べようと思ったらお米だけで月2万円くらい
かかるので、そんな贅沢は出来ません。日本の様に苗を一束ずつ等間隔で植えるのではなく、
タイでは種もみを田んぼににばらまき、育った頃にガーッと刈り取るので、日本のお百姓さんの
稲作に対する姿勢には本当に頭が下がります。一粒たりとも無駄には出来ません!
こんなこともタイへ来るまでは当たり前のこととして、毎日深く感謝することもはりません
でした。勿論、子供の頃はご飯を残すと「目がつぶれる」と言われて最後の一粒まできれいに
食べるよう言われていましたので、そんな粗末にしていたわけではありませんが。

さて、周りの奥さんにどこの日本米がおいしいのか聞いてはあれこれ買っていますが、ある日
「うちの旦那は最近タイ米がおいしいって言って、家でもタイ米を食べている」という話を聞き、
「そんなにおいしいなら」と思ってスーパーで一番高いタイ米を買って炊いてみました。
すると...炊きあがる前からタイ米独特の香りがしてちょっと不安だったけど、炊きあがった
ご飯はふっくらしていて、食べるとややもっちり感と甘みがあり、「結構おいしいじゃない!」と
嬉しい発見でしたウィンク日本から持ってきた炊飯器が頑張ってくれていることもあり、
本当においしいです。でも和食のおかずの時にはちょっと香りが違うから合わないです。

これが私が使っているタイ米です。値段は2kg60バーツと破格ですが、それくらいの贅沢は
主食なので目をつぶりましょう!
タイ米


関連記事
スポンサーサイト
コメント

Re:気候と風土 そして食物(06/26)

はなこあらさん

>タイ米がおいしいと感じてきたころ、体のタイ化完了なのかも知れませんね。



いえいえ、これはまだ初期の段階です。基本終了、と言ったところでしょう。以前ブログに書きましたが、タイの食事に欠かせない調味料4点セット(砂糖・酢・唐辛子・ナンプラー)をタイ人と同じようにれんげでドバドバ入れて「アロ~イ♪(おいし~)」と言えるようになるまでは、まだまだ修行が必要です!

気候と風土 そして食物

タイ米がおいしいと感じてきたころ、体のタイ化完了なのかも知れませんね。





コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。