スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモ活動の進展

長引いているバンコクのデモ(もうテロもしくは内戦状態ですが)に関して、
新たな展開があったようなので、大使館から届いたメールを紹介します。
バンコクが、そしてタイの政治が一日も早く正常化しますように!!

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年5月4日18:00現在)


(注)本日は、UDDデモに関し、政府及びデモ隊共に大きな衝突等の事件はありませんが、引き続き、報道等から最新情報を入手の上、不測の事態に巻き込まれないよう注意して下さい。

1.5月3日(月)、アピシット首相が一斉放送を通じて国民和解に向けた5項目提案(注)と「11月14日の総選挙実施」を公表しました。これを受けてUDD幹部は、4日夕方、アピシット首相の提案を容認する姿勢を示していますが、更なる条件(具体的な国会解散日を決める等)を求める声明を発表していますので、依然として緊張状態が続いていることに変わりはありません。
(注)(1) 王室を政治対立に引き込まない
   (2) 社会・経済システムの不公正を福祉制度によって是正する
   (3) 対立を煽る報道を監督する
   (4) 3つの衝突事件の事実究明のために独立調査委員会を設置する
   (5) 近年の政治をめぐる不公正の問題に取り組む

2.ついては、UDDが集会により占拠している地域(ラチャプラソン交差点〜サラデーン交差点を中心とする地域(地図は在タイ日本国大使館ホームページを参照して下さい)及びバリケード付近にはできるだけ近づかないようにして下さい。これら地域の近くに滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、厳に不要不急の外出は控えて下さい。また、各種集会が行われている地域には近づかないようにして下さい。

3.シーロム地区では、4日12時頃、マルチカラーによる小規模(150人程度)集会が行われました。BTSサラデーン駅、デュシタニホテル付近及びシー・アユタヤ銀行付近では、警察及び軍も警備を引き続き強化しておりますので、同地域周辺にも近づかないようにして下さい。

4.なお、23日バンコク都に対して外務省の危険情報を「渡航の是非を検討してください」に引き上げられましたので、詳細につきましては外務省ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header)をご確認下さい。


5.5月5日(水)、BTSは全線で運行予定ですが、運行時間を午前6時から午後8時に限定する予定です。
また、地下鉄(MRT)は基本的に通常運行予定ですが、午後7時以降は、シーロム駅を閉鎖させる予定です。
なお、BTS、地下鉄(MRT)の運行状況は、情勢により運行時間等が変更されますので、詳細については直接、ウエブサイト(BTS:http://www.bts.co.th/ 、  地下鉄(MRT):http://www.bangkokmetro.co.th/ )をご覧いただくか、問い合わせにより確認してください。

【ご参考】
【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット:https://www.j-channel.jp/)

【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88 FM88
・95.5VirginHitz FM95.5

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
   電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
   FAX :(66-2)207-8511
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。